メトロレールでサンタモニカ行ってみた by荒田晃輔&奥村佳絵菜&小森健

 

8月24日に、メトロレールを使って研修生3人でサンタモニカに行ってきたのでレポートさせていただきます。

まずは荒田のレポートです。

 

ロサンゼルス近郊で屈指の観光地であるサンタモニカには、多くの観光客が訪れます。ところが、これまで自分の車を持っていない観光客がロサンゼルス中心部からここに来るためには、車をチャーターしたり時間をかけてバスを利用したりしなければなりませんでした。

しかし、2016年5月、メトロレールエキスポラインが全線開業したことにより、ロサンゼルスのダウンタウンからサンタモニカまでが、電車で1本で結ばれる事となったのです!便利になりましたね。

 

さて、エレファントツアーのオフィスが入っているボナベンチャーホテルの最寄駅、7th Street/Metro Center駅にやってきました。この駅には、エキスポラインの他、ブルーライン、レッドライン、パープルラインが乗り入れています。

電車の側面表示器に「EXPO LINE」「SANTA MONICA」と表示されている電車に乗りましょう。日中は1時間に5本、12分毎に発車します。IMG_3423

 

電車は、先日紹介したサイエンスセンターやカルバーシティを通り、50分程で終着、Downtown Santa Monica駅に到着しました。

この駅はサンタモニカの中心部にあり、ショッピングが楽しめるエリアやビーチ、またサンタモニカピアにも歩いて行くことができます。Colorado Avenue側の出口を出ると、目の前に大型ショッピングモール、サンタモニカ・プレイスがあります。IMG_3632

 

僕は今回、このサンタモニカ・プレイスからレポートしていこうと思います!

ここは、とても開放感のある屋外型のショッピングモールで、中央には広場があります。Wi-Fiをつなげる事もできますよ!IMG_3692IMG_3666

1階、2階はショッピングのフロア。LOUIS VUITTON、COACH、SWAROVSKIなどの高級ブランド店の他、ディズニーストアや日本のUNIQLOなどが入っています。多様なジャンルの店がここに集まっているので、大人数で来ても各々、自分の趣向に合わせたショッピングを楽しむ事ができるのではないでしょうか。サンタモニカにもUNIQLOがあるなんて、なんだか落ち着きますね。笑IMG_3685

IMG_3688

3階はテラスで、フードコートと映画館があります。落ち着いた雰囲気のフードコートには、中華料理、イタリア料理、日本料理などの店があり、ゆっくりと食事をとる事ができます。僕もTutti Fruttiのフローズンヨーグルトやアイスを食べながら休憩しました。IMG_3664IMG_3668
IMG_3678IMG_3671

フードコート内は広く、とても快適ですが、テラスでも食事をとることができます。テラスの奥の方にいけば、サンタモニカの海を見ながらの食事を楽しむ事ができますよ!

 

このサンタモニカ・プレイスを起点としてビーチと平行にのびているのが3rd St.(サードストリート)という遊歩道です。3rd St.は、サンタモニカ・プレイスの目の前にあるL’OCCITANE、NIKEから始まり、ZARA、AMERICAN EAGLE、GAP、FOREVER21、さらにはAPPLE STOREなどが軒を連ね、ここでもショッピングを楽しむ事ができます。同じメーカーでも、日本では手に入れる事ができない商品を取り扱っていることがあるので、自分の好きなブランドはチェックしておきたいですね!IMG_3661 IMG_3650 IMG_3651 IMG_3654

この道、いつもストリートパフォーマーがドラムを叩いていたり、弾き語りをしていたりします。ショッピングをしていると常にどこかから、愉快で軽快な音楽が聞こえてきます。

 

さて、この3rd St.では、毎週水曜日、土曜日、日曜日にファーマーズマーケットが行われています。ファーマーズマーケットは、新鮮な野菜、果物、お花、乳製品などが売られている青空市場です。平日の昼間なのにとても賑わっています!質の良い食材を求めて、有名店のシェフが顔を出す事もあるみたいですよ!多くの店でフルーツの試食ができます。フレッシュでとても美味しいです。笑IMG_3637 IMG_3639 IMG_3640

サンタモニカには、リゾート地ならではの落ち着いてまったりとした時間が流れていてます。ロサンゼルスとはまた違う雰囲気を味わう事ができますよ!

 

さて!続きまして奥村佳絵菜です。サンタモニカからすぐ近くのアボットキニーへ♪

ベニスビーチのすぐ側に位置している Abbot kinney Blvd (アボットキニーブルバード)は、今アメリカで最もクールなストリートと言われています!
IMG_4204

ダウンタウンからは7th st/Metro Center駅からエクスポラインに30分乗ってCulver Cityで降り、メトロバスで約30分、計1時間で行くことができます!
サンタモニカからはメトロバスで15分です。
簡単にアクセスできますね♪
今回のアボットキニーの目的は、(((((( カフェ巡り )))))) ということで!
おしゃれなお店をご紹介したいとおもいます
ランチを食べたばかりだった私はコーヒーで一息つきたいと思い、美味しいコーヒーで有名という “Intelligentsia Coffee” へ向かい、アイスコーヒーを飲みました。少し濃いめで苦くとても美味しかったです♪
d
最初は店内でゆっくり飲んでいたのですが、途中に何か甘い物と飲んだら絶対においしい!と思い、店員さんに頼んでお持ち帰りにしてもらいました!
IMG_4916
容器もかわいいですね♡ 日本にも早く上陸して欲しいです!
甘いものを探していたら、日本にもある “Blue Star Donuts”を見つけました。日本にもあるしわざわざ紹介するのもなああ、、と思い、通りすぎたのですが店の周りにも人がたくさん居るし、歩いている人たちがここのドーナツの箱を持ち、歩いていたので、日本と食べ比べしてやろう!と食べてみることにしました。
売れ筋&店員さんのお勧めは、”Blueberry Bourbon Basil”という少し変わったものだったのですが、いかにも甘そうな感じがしていたので、聞いておきながらも違うものにしました(笑)
IMG_4929
日本にもあるのですが、私が選んだ物は “Cointreau Cream Brulee” にしました!
IMG_4931
途中にオレンジリキュールを注入しながら食べるのですが、中に入っているクリームとの相性抜群!!甘すぎずとてもおいしかったです!
ここの良い雰囲気に飲み込まれただけなのかもしれませんが日本のものよりおいしく感じました!
それに!種類は断然こっちのほうが多いです!!!
IMG_4928
今回一番期待していた抹茶専門店 “SHUHARI MATCHA CAFE”へ!
IMG_4938
日本らしく砂利が店の前に敷かれているのでそれに気づければ迷うことなく入ることができます!
IMG_4940
店内はコップや茶葉がたくさん売られています。
IMG_4936 IMG_4934
日本をイメージされているのですが、文字の自体などは中国ぽく?!日本風というよりも和テイストという感じでしょうか。
メニューはたくさんあり、その中でも私は行く前から気になっていた “Matcha Kinako Black Sugar Latte” にしました!
店員さんがミルクの種類を聞いてくれるのですが、skim milk(脱脂粉乳)とwhole milk(脂肪分をカットしていないミルク)ともうひとつあったはずなのですが思い出せないのです。すみません。。
違いがわからなかったので店員さんのおすすめのwhole milkにしました。
+$0.75でcoconut milkやsoy milkにすることもできます。
IMG_4941
飲んでみると、、、、もう最高。この言葉に尽きます。
やっぱりアメリカだしすごく甘いものなのかなあと思っていたのですが、、、ほどよい甘さの抹茶に、きなこの香りがほんのりと口に広がり、幸せな気分になりました。
店の奥に座って飲める場所もありますが、数は少なくここに写っているソファのみです。
IMG_4937
こっちにいるうちにもう一度行きたいと思う程気に入ってしまいまし
予定では、TOMSのカフェにも行く予定だったのですが時間の都合で行くことができませんでした。
思っていたよりも安くて次回挑戦してみたいと思いました。
靴屋さんというよりもおしゃれな雑貨屋さんのようでした。
IMG_4203IMG_4942
こちらも食べていないのですが、たくさんの人が食べていたアイス屋さんがありました。
IMG_4926
時間があれば食べたかったです。
おしゃれな服屋さんを覗きすぎて時間がなくなってしまったのが私の計算ミスでした。。
IMG_4910 (2)
本格ドイツパンのロッケンワグナー氏のパン屋さんは店内でたくさんの方がパンを食べていました。パンの他にはマフィンやブラウニー、ミニハンバーガーなどたくさんの種類がありました。
 IMG_4978
今回ではなく以前なのですがここでパンを食べたのですが、さくさくでチーズの風味とごまの香りがしてすごく美味しかったです。
0329DC96-2EE3-4F1E-B120-56EF2FC0CB2E
788EED19-3646-4E88-B232-6A8B62B1C8A9
おしゃれな店がたくさんある、このアボットキニーブルバード!
今回の調査では、3時間程滞在し、短いブルバードを何往復もしたのですがまだまだ見足らなくまた行きたいと思いました。
一軒一軒見ていたら1日かかってしまうかもしれないですね!

小森健です。最後に、ベニスビーチのレポートをしたいと思います。

 

カリフォルニアのユニークなビーチとして必ず名前のあがるベニス・ビーチ。ビーチの道沿いはオーシャンフロントウォーク、またはボードウォークと呼ばれ、この道沿いには、アート作品などを売っているお店が立ち並んでいます。周囲にはストリートパフォーマーやローラーブレードをする人々、ビーチバレーを楽しむ人たちがいて、ビーチ全体が賑わっています。アーノルド・シュワルツェネッガーがボディービルダー時代に体を鍛えていたという『ゴールド・ジム』が誕生したビーチであることも有名です。地元の人に混じって思い思いの時間を過ごしてみましょう!

 

IMG_2040

ベニスはスケーターもいれば マッチョもいるし タトゥーショップも多くて賑わってて楽しくなります。 駐車場がパンパンですが、 止められないことはないかと思います。フリークスショーあたりにおかしな人が多いですが それも見所として良いです。

 

ベニスビーチで有名なのはやっぱりまずビーチと、ビーチ沿いに並ぶお店です!ストリートパフォーマーや占い師、お土産屋さんにレストランなどとっても賑やかです!

 

IMG_2042

 

このように、お店がズラッと並んでいます!自分の好みのお店を見つけるまでブラブラと散策してみるのがオススメですが、日本のように、どのお店も美味しく衛生面が良いというわけではないこともあります。

開放的で明るい街の雰囲気から、ついつい大らかになってしまいますが、食べ物を選ぶ時は少しだけ慎重になった方が良いかもしれません。

 

私が見たグラフィック作品の中で、骸骨が描かれた作品が1番多いなと感じました。お土産さんにも、カラフルな骸骨の小物がたくさん売られていたので気になります。

 

 

ベニスビーチはほかにもスケートのメッカとしても知られており、スケートパークがあります。僕が行った日も、多くのスケーターがスケートボードを楽しんでいました。

 

IMG_2079

IMG_2075

僕は個人的にスケボーをするのが好きなので、ベニスビーチの近くにあるスケートボードの専門店に行ってきました!

 

IMG_2080

 

スケボーに興味がある方ややってみたい方は、日本で買うよりも安く、ベニスビーチ周辺にはスケボーがたくさん売っているお店があるので、買ってみるのも良いと思います!

 

IMG_2069

IMG_2067

ベニスはストリートコートでバスケ、海沿いでサイクリング、曲に合わせてストリートダンス、サーフ、スケートボードなどを楽しむ、アクティブな若者達が集う街でもあります。

 

このように、ベニスビーチはカリフォルニア・西海岸というものを存分に感じられる場所であるので、ロサンゼルスに来るなら必ず行っておくべき場所であると思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

グランドキャニオン一泊二日ツアー 1日目

こんにちは。インターンの奥村佳絵菜です。

今回私は、一泊二日のグランドキャニオンツアーに参加させていただきました。
このツアーはダウンタウンからグランドキャニオンまで約800kmの長距離移動のツアーです。
さあレポートに入りますね!
7:30ボナベンチャーホテル出発です。
ご一緒したお客様は5人家族さまとご夫婦(カップル?!)の2組とガイド兼ドライバーの翠尾さんそして私の9人で行きました。小さい子供さんもいらっしゃったので車内は終始穏やかな雰囲気でした。
車は大きなバンで座席はフカフカのため、長時間の移動でも疲れにくいです。
まずは、東はサンタモニカ西にはフロリダ州まで続くフリーウェイ10号に乗ります。そこからフリーウェイ15号に乗り換え、通常ならば “Summit Inn Cafe” というエルヴィスプレスリーも訪れていた店があるはずなのですが、、、、、、、なんと最近起こった山火事で一緒に焼けてしまったようで建物が残っていませんでした。ガイドの翠尾さんは最近の中での一番の衝撃だったようです。
IMG_4466
山火事はすごく広範囲で起こったようで、焼け焦げ真っ黒になっているところもありました。
ピンクのところは火が広がらないようにするもので、ピンクより奥が焼けてしまった部分です。手前は緑なので焼けてしまった部分がわかりやすいです。
途中ルート66を少し走って、9:30くらいに”BAGDAD CAFE” へ寄ります。このバグダッドカフェは1987年の映画「バグダッドカフェ」の撮影で実際に使われたカフェです。こちらには30分ほど滞在し写真撮影をしたり、コーヒーを買ったりできます。
IMG_4474
店内は世界中の紙幣やシール、Tシャツなどで覆われています。
HFIP7777
バグダッドカフェのグッズも作られています。
SBLX9412
カウンターの中に入って記念写真も撮らせてもらえます!
IMG_4479
また、店の中には観光客が記念にサインをしていくノートもあったので、もちろんサインしてきました!
AWLB3269
今回は翠尾さんによる特別イベントでサボテンを植えました。(私たちは植えていないのですが店の方がせっせと植えてくださいました。)
IMG_4492
店を出て車で5分程走ると、道にルート66のマークが出てきます。車を降りて写真撮影することができます。
ただしここの道を走っている車は100キロ越えで走っているので注意してくださいね
IMG_4505
バグダットカフェを出て世界的にも難所の道を通ります。ここはマックスで57度になることもあるようです。とても気温が高く日差しも強いので車のタイヤがよく破裂するスポットのようです。でも!翠尾さんはタイヤの空気圧や温度計をチェックしながら走ってくださるので心配無用です!
途中には火山礫のエリアも通ります。モハビ砂漠をどんどん東へ進んでいきます。本当に何もありません!
この辺は電波が弱いのでスマホをお持ちの方は機内モードにしておく方が節電のために良いそうです。グランドキャニオンに着いてからたくさん写真を撮らなければいけないのでとても耳寄りの情報ですね!さすが翠尾さんです!
道の途中にタランチュラが歩いていたり、また砂漠のくぼみにはロバがよくいるそうです。ふたつとも探してみたのですが、見つけられなかったです。。
コロラド川を抜けると、
IMG_4512
アリゾナ州に突入です!!!
IMG_4513
ランチに In-N-Out Burgerに寄りました。ロサンゼルスを中心に展開されているハンバーガーチェーン店です。インアンドアウトバーガーを見かけた際はぜひ立ち寄ってみてください!とてもとてもとてーもおいしいです!!!!!
IMG_4525
ランチでお腹が満たされた後は1時間程走って、セリグマンという町のビジターセンターに休憩も兼ねて寄りました。元々は変電所であったため、”Power House”という名前だけが残っているようです。
IMG_4518IMG_4519
普段はもらえないアリゾナの地図とスタンプラリーのパスポートをもらいました。
IMG_4523
車内では面白い翠尾さんのお話や幾つかのDVDも見せてくださるので長旅に退屈することはありません!
そこで興味深い話をしていただきました。現在日本で宣教師活動をしているアーサー・ホーランド氏はサンタモニカからニューヨークの距離を重さ40kgの十字架を背負ってルート66を歩きながらアメリカ横断旅をしたという話です。約7ヶ月間歩き続けてニューヨークに到着したそうです。
ルート66が舞台にされている「カーズ」も見せていただきました。「カーズ」を作ったジョー・ランフトはルート66を自ら車で走り、調査したようです。ルート66を人気スポットとした功労者のエンジェル氏にも話を聞きに来られたようです。
そして次に立ち寄ったのはエンジェル氏の経営していた美容室(現ルート66の人気スポット)へ!
IMG_4539
店内はルート66のグッズでいっぱいです。
WUFZ9865
美容室だった当時の椅子もまだあって、写真撮影スポットとなっています。
IMG_4533
店内だけがルート66色なだけでなく、外もルート66でいっぱいです!
BBLF7353
店の前には古いアメ車が止められています。こちらも写真撮影にぴったりです!!
IMG_4527
「こうしたらもっといい感じに撮れるよ!」とアドバイスもしながら翠尾さんが撮ってくださいました。
IMG_4552
ちなみにこちらがエンジェル氏です。
IMG_4548
ちなみに先ほど書きましたアーサー・ホーランド氏とエンジェル氏は翠尾さんの仲介で一度お会いしているようでした!
真ん中に座って居るのがアーサー・ホーランド氏です。
IMG_4535
グランドキャニオンは7000万年前にカイバブアップリフトと呼ばれる南西部の大隆起の発生から始まっている。
隆起の仕方によって名前が付けられており、真っ平らに隆起した場所はメサという。コスタメサのメサはここからきている。反対にとんがって隆起した場所というのはビュートと呼ばれている。
グランドキャニオンは37億年〜10億年以上の地層が見えるらしいです。日本では、よく見えて2、3億年だそうです。比較して考えられないほどの差ですね。
全体の長さは450km!!幅は狭いところで15km、広いところで30kmとやっぱり大きいですね!
では!大本命のグランドキャニオンのレポートに入ります!
今回のツアーでは5つのポイントを案内していただきました。
はじめに連れて行っていただいたポイントは「グランドビューポイント」です。
ここに来るまでに土砂降りに雨が降ったり、雹が降ったりして、天気が不安定だったのですが、国立公園内では、ここのポイントで傘はいらないぐらいの軽い雨が降っただけでした。
この写真からわかるように雲行きがあやしいですね。。
IMG_4559
次に「デザートビューポイント」へ!
ここのポイントからはコロラド川が真下に見えます。
IMG_4576
“watch tower”もあり、時間帯によっては上まで登ることができます。私たちは登ることができたので登ることにしました。
タワーはメリー・J・コルターという女性によって周りの景観を崩さないようにデザインされました。
IMG_4568
中のデザインは別の方によるものなのですが、とても可愛いです。
IMG_4580
タワーの上から見られる景色はこちらです。高いところからだとまた綺麗ですね!
IMG_4586
さあ次は日の入りを見るために「リパンポイント」へ移動します。
ちなみにここらへんは標高は2300m程です。。
雲行きが怪しく見れるか不安になりながらも翠尾さんと祈りながら向かうことに。
雲がほとんどの空を覆っていましたが、だんだんと周りはオレンジ色になってきました。
IMG_4727
祈りつつ10分程待ってみると、、、少しの雲間から太陽が出てきました!!!
IMG_4665
感動で胸がいっぱいになりました。感無量で言葉が出ませんでした。こんなことってあるんですね!ここまで感動したのは初めてでした。
惜しみつつもリパンポイントを離れホテルに向かいます。
ここで初めてナバホ料理を食べたのですが、おいしいのなんの!!!この揚げパンのようなものがすごく油っこいのですがはじめの方はかなりおいしいです!(後半からは少ししんどくなります)
IMG_4685
 お見苦しい物をお見せして申し訳ないのですが、顔と比較してみて分かるようにかなり大きいのです!!!
IMG_4690
これはビーフシチューなのですが、考えていたものよりもかなりあっさりしていてすごくおいしかったです。セロリの風味がかなり効いていました。
IMG_4684
長くなってしまったので1日目で一度区切ります。
⚠︎交通状態やその日の都合によって、行く場所や到着時間など多少の違いがありますのでご了承くださいませ。
読んでくださりありがとうございました!!
二日目は日の出から書き始めます。お時間のある方はよろしければ第二弾へどうぞ!!

グランドキャニオン一泊二日ツアー 2日目

こんにちは。前回に引き続き奥村佳絵菜です。

グランドキャニオンの続きです。
おはようございます!!!
4:45 まだまだ暗い中、日の出を見るためにホテル出発です。これから日の出を見るには絶好のポイントである「マーサポイント」へ向かいます。約1時間ほど車でゆらゆら揺られます。
周りがどんどん明るくなってきて、そろそろだな〜という絶好のタイミングでマーサポイントに到着しました。
車窓からの写真です。
IMG_4697
車を降りると寒いのなんの!!!!!LAの温かい気温に慣れてしまった私には極寒でした(笑)
外に出て日の出を待つこと5分!太陽が出てきました。とても寒かったのですが、早朝ということもあり空気が澄み、清々しい気分でした。
IMG_4698
IMG_4703
、、、ですがやはり寒いっ!!
日の出が上がりきるのを見て、少し明るくなり始める頃に「リムトレイル」と呼ばれるグランドキャニオン沿いの散歩道を散歩します
IMG_4754
IMG_4798
ここから見えるグランドキャニオンは太陽に照らされ、角度によって見え方が異なります。
太陽に照らされたグランドキャニオンもとても綺麗でした。
IMG_4725
IMG_4734
日の当たり方によってかなり感じが変わりますね!
歩いてまた新たなポイントの「ヤバパイポイント」に到着です。
ここからのポイントは視界を遮るものもなくとても広くどこまでも続いていました。
IMG_4828
完全に明るくなり始めた頃、お待ちかねの朝食の時間です。
すぐ近くのカフェへ行きました。約30分ほど時間をとってくださります。
 朝食をとった後は、「ブライト・エンジェル・トレイル」を通ってグランドキャニオンを下から見ることができます。
30分だったので一番下までは行けませんが、途中からでも十分綺麗でした。
下からグランドキャニオンを見上げることはあまりないので興奮しました。IMG_4841
IMG_4850
人が歩いているのがわかってもらえるでしょうか!この絶壁の道を歩いていくのです!でも!ご安心ください!道は広いので怖くはありません!
IMG_4843
ここまでグランドキャニオンを十分に満足出来るツアーはあるでしょうか!
満足しきっていました。もう悔いはありません!
さらに!写真撮影スポットによってくださり、写真を撮っていただきました。
これで堂々とグランドキャニオンに行った!と友達に自慢できますね!
IMG_4857
ところでこのマークに書いてある絵が何だかわかりますか?
 IMG_4949
マークの形がインディアンの矢じりの形を示されており、富士山のような山がマウントデナーリで、木がジャイアントセコイヤ、動物の絵がバッファローを示しています。
この写真を撮り終え、グランドキャニオンともさよならです。。
帰路につきます。
行きと同じ景色だったのですが普段は見れない景色ということもあり、目に焼き付けながら帰りました。
車で3時間程走って昼食を取るビュッフェ(こっちではバフェと言うそうです。)会場へ到着しました。
アメリカでのビュッフェスタイルは初めてだったのでワクワクしながら向かいました。
$15でピザ、スイーツ、スープにタコス、さらにその場でお兄さんが切ってくれるお肉もありました。
IMG_4862
翠尾さんのおすすめの酢豚が確かに一番おいしかったです!
でも、、、料理のひとつひとつがくどい。。。おいしいけど量はあまり食べられませんでした。
帰りの車内ではお腹いっぱいの中うとうとしながらも、翠尾さんとお話したり、DVDをみたりできるため退屈はしません。
途中に渋滞に巻き込まれましたが、予定よりも早くハリウッドに19:00くらいに着きました。
今回私は初めてのグランドキャニオンだったのですが、これから行かれるみなさんにアドバイスをさせていたきたいと思います!
まず、一番に言いたいことはグランドキャニオンで日の出を見るときはか!な!り!寒いです。
ショートパンツでは耐えられないと思います!
長ズボンにぶ厚めのパーカーが必要です。
あとは、道中はすごく景色が変わります!さっきまで砂漠だったのにハイジがいそうな草原になったり、所々枯れた大きな松の木の生えるハリーポッターの風景を連想させるような道など本当に見ていて飽きないです。
ずっと起きているのは大変なのですが、できればずっと起きていてください!
ガイドさんとのお話も面白いです!
なので、ずっと起きているために前日はしっかり睡眠をとってください。私は2時間睡眠で行ったので最後の方はぼーっとしました(笑)
とても面白い翠尾さん、2日間ありがとうございました!!!
IMG_4688
とても長くなってしまいましたが、これでグランドキャニオン一泊二日ツアーのレポートは終わりです!
ここまで読んでくださりありがとうございます♪

シタデルアウトレット男性編 by小森健&荒田晃輔

 

こんにちは。研修生の小森健、荒田晃輔です。8月16日に同行させていただいたシタデルアウトレットツアーについてのレポートです。

アメリカのアウトレットモールも日本と同じで、有名ブランドの商品を安く買うことができる店舗が集まった商業施設のことを指します。

日本にある御殿場、軽井沢、各三井アウトレットパークなどのアウトレットモールは、大都市からやや離れた場所にあります。アメリカのアウトレットモールも多くはやはり大都市郊外にあるのですが、このシタデルアウトレットは例外、ロサンゼルス近郊にあります。ダウンタウンの中心部から車で20分程度、シャトルバスも運行しておりとても便利です!

 

今回は午後発、14:00過ぎのスタートでした。フリーウェイはやや渋滞していましたが、アウトレットモールには20分〜25分ほどで到着しました。

ここからは約3時間の自由時間になります。

 

IMG_1527

IMG_1528入り口はこんな感じになっています。

 

IMG_3339 IMG_3317”Citadel“ とは、都市や町の一角に建てられた『要塞』または『城壁』を意味しますが、このアウトレットモールの外観は、古代オリエント最初の世界帝国を築いたアッシリア帝国の宮殿をイメージして造られているとの事です。

ということもあり、日本で展開されているアウトレットモールとは雰囲気が少し違い、旅の気分をより味わうことができます。ロサンゼルス近郊にあるので、こじんまりとしたアウトレットなのかと思いきや、数多くの店舗が入っており、十分に買い物を楽しむことができます。各店舗は意外と広く、お土産も一気に揃いそうです。

 

値段は、公式サイト等のSaleページと同じものがほとんどでしたが、ここでしか売っていない商品が結構ありました!

平日に行ったのですが、休憩スペースもありゆっくりショッピングをすることができます。

ここのアウトレットの魅力は、アメリカのブランド品を安く買うことが出来るということ!日本にもファンの多いCOACHやアメリカンアパレルなどは、日本よりも大幅に安い価格で手に入れることができます!

 

IMG_3326 IMG_3333また、付き添いで来てはみたけど、ファッションやブランド物に興味がないという方には、トイザラスのような玩具のお店や、休憩の出来るフードコートなどもあります。

フードコートには、Subway、スターバックスコーヒーなど日本でもメジャーなお店から、中華料理店PANDA EXPRESS、日本料理店のRoll It、さらにはアイスクリームやスイーツを楽しむことができるカフェなどが軒を連ね、何を食べようか迷います。リーズナブルな価格で様々な料理を楽しむことができるのは嬉しいですね。

IMG_3332 IMG_3330 IMG_3331写真はHot Dog ON A STICKのCheese on a StickとFunnel Cake Sticksです。見た目はアメリカンドッグなのに中身はソーセージではなく全てチーズ。ダイレクトにこんなに多くのチーズを食べたのは初めてです。Funnel Cake Sticksは、餅を揚げて砂糖をまぶしたようなもの。シンプルで甘くてクセになりそうです。

IMG_3613また財布やサングラス、帽子などのアクセサリーを探すのもいいかもしれません!僕はフードコートの目の前にあるLidsで、NEW ERAのキャップを購入しました。ストリート系の定番アイテムですが、大分安く手に入ったと思います。ちなみに商品を2つ買うと内1つは半額!といった大胆な値引きも売りです!

 

日本でメジャーな高級ブランド店は日本のアウトレットモールよりも若干少ないかな?という感じがしました。

ロサンゼルス都市圏内にはデザートヒルズアウトレットのような巨大アウトレットモールもありますが、お目当てのブランドが特になければ、わざわざ遠出をしなくてもここがお勧めです。

 

IMG_3312 (1) IMG_3338モールの広さを考えると、3時間から4時間ほどの滞在でも十分楽しむことができると思います。勿論、1日中いても楽しむことができるスポットです!

色々と丁度良いシタデルアウトレット、ぜひ足を運んでみてくださいね!

 

所在地:100 Citadel Drive Los Angeles, 90040
電話番号:(323)888-1724 
営業時間:10:00AM~9:00PM  ※季節により営業時間が異なる場合があります。
定休日:感謝祭、クリスマス

 

小森健

荒田晃輔

メトロレールでサイエンスセンター行ってみた by荒田晃輔&小森健

 

こんにちは。研修生の荒田晃輔と小森健です。8月19日のレポートをさせていただきます。

ロサンゼルスのメトロレールを使って、エクスポジションパークにあるカリフォルニアサイエンスセンターに行ってきました!サイエンスセンターには、実物のNASA のスペースシャトル「エンデバー」が展示してあります。

IMG_3514ここでいう「メトロ」とは、大都市内及び大都市近郊の公共交通機関、つまり路線バスや近郊電車を指します。メトロレールは、ロサンゼルス交通局が管理している鉄道のことで、東京や大阪の地下鉄のような役割を担っています。

やはり広大なロサンゼルス都市圏内の移動は、自動車が便利です。しかし最近になって、車を持っていない地元の人や観光客でも容易に移動ができる鉄道網の拡充が進められ、とても便利になりました。安く利用することが出来る上、車内は治安も良いです。

 

スタートは、僕のオフィスの近くにある「7th Street /Metro Center駅」。ダウンタウンの中でも特に人通りの多いエリアにある駅で、メトロレール4路線が乗り入れています。この駅からは、パープルライン、ハリウッドに向かうレッドライン、ロングビーチ市やロサンゼルス国際空港(乗換あり)に向かうブルーライン、サンタモニカ市に向かうエキスポラインを利用することができます。

今回は、エキスポラインを利用し、サイエンスセンターの最寄りである「Expo Park/USC駅」を目指します。

IMG_3611メトロレールを利用する場合は、必ずTAPカードというICカードを用意しなければなりません。日本で言うところのSuicaやICOCAのようなものです。こちらは、ネットやメトロレール各駅で購入することができます。詳しい買い方についてはをご覧ください。

http://www.yyisland.com/yy/lax/item/6181

IMG_3427 IMG_3416地下に入り、改札の「TAP」のマークにカードをタッチして構内に入ると、このような発車表があります。丸の色は各路線のカラー(エキスポラインは水色にEのマーク)、Destは電車の行き先、Minは今から発車までの時間を表しています。

IMG_3423IMG_3420ここで注意。エキスポラインはブルーラインと同じホームから同じ電車が発車します(レッドラインとパープルラインについても同様)。側面表示器に「EXPO LINE」「SANTA MONICA」と表示されている電車に乗り、車内放送をよく確認してください。

 

高層ビル群を抜けると、電車は地上に出ます。15分程の乗車で、「Expo Park/USC駅」に到着しました。サイエンスセンターはこの駅の目の前にあります。料金は一律はので、改札から出る際はカードをタッチする必要はありません。

カリフォルニアサイエンスセンターがあるここ、エクスポジションパークには、1984年に行われたロサンゼルスオリンピックの会場となったロサンゼルスメモリアルコロシアムや、ロサンゼルスカウンティ自然史博物館などの施設が併設されています。

IMG_3508IMG_3434カリフォルニアサイエンスセンターの入場料は無料。科学館のような場所で、科学や地球、宇宙に関する様々なことを体験することができます。大人だけなら3時間程度、子供がいる場合は半日程度で館内を見て回ることができます。

 

IMG_1632日本語の解説などはありませんが、それぞれの展示の解説は、映像や図を多用し、世界中から来た人が分かりやすいように工夫されています。また、インフォメーションカウンターでは、日本語のパンフレットをもらうことができます。

IMG_3435エンデバーが展示してある建物に入場する場合、オリジナルのIMAXシアターを見る場合は別途料金が必要です。エンデバー展示室は2ドル、シアターは8.25ドルでチケットを購入することができます(シアターのチケットを購入した場合、エンデバーの展示室は入場無料)。

 

IMG_1629

IMG_1630 (1)まずはスペースシャトルに関連した展示物のあるコーナーを見学。シャトルの実物タイヤやトイレ、司令室のジオラマなどがあり、エンデバーが行ったミッションの解説パネルには、日本人宇宙飛行士の毛利衛さんなどの姿も確認することができます。エンデバーがフロリダ州のケネディ宇宙センターからロサンゼルスのサイエンスセンターにやってくるまでの様子をまとめた10分程度のドキュメンタリー映像を見て、気持ちが高ぶったら機体とご対面です。

 

IMG_3443

IMG_3489 (1)IMG_1638チケットを提示し別棟にある展示室の中に足を踏み入れると、ついにエンデバーの登場です!

目の前にある全長37.287mの巨大な機体が、展示室にすっぽりとおさまっています。この機体が宇宙へと打ち上げられ帰還してきたこと、この中で毛利衛さん、若田光一さん、土井隆雄さん達が作業をしていたことを考えると、感動せずにはいられません!!ひたすら圧倒されました。

宇宙研究に大きな功績を与えたこの機体、本当に見ていて飽きません。展示室の中では、キーホルダーやぬいぐるみ、Tシャツやパーカーなどのエンデバーグッズを購入することができます!

 

IMG_3497このサイエンスセンターは前述の通り科学館なので、エンデバー関連のコーナーの他に、自然科学に関する展示物も数多く展示してあります。このエリアの入場は完全に無料、長い時間楽しむことが出来るので、コストパフォーマンスは最強ですね!

IMG_3438サイエンスセンター内にあるIMAXシアターでは、1時間弱のドキュメンタリー映画を上映しています。アメリカの国立公園、地球の自然や宇宙に関する内容の映画をIMAXの大型スクリーン、また3Dで見ることができます。クリアな映像はとても迫力があり、実際に自分の目で見ているかのようで、シアター内にいるということを忘れてしまいます!こちらも前述の通り、たったの8.25ドルで利用することができます!

 

IMG_3509 IMG_3424帰りも同様のプロセスで、ダウンタウンに帰ります。側面表示器に「LOS ANGELES」と書いてある電車に乗ると、ダウンタウンの中心部「7th Street/Metro Center駅」に行くことができます。

メトロレールやメトロバスは、行先表示に「LOS ANGELES」もしくは「DOWNTOWN LA」と書いてある車両に乗車すると、ダウンタウンの高層ビル群に行くことができます。

ダウンタウンからも近く、一日を安く楽しむことのできるサイエンスセンター、便利で安全なメトロレールを利用して足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

「リトルトーキョーからエキスポラインへのアクセス」

Little Tokyo/Arts District駅

↓ゴールドライン 1駅

Union駅

↓レッドライン・パープルライン 3駅

7th Street/Metro Center駅

↓エキスポライン

サイエンスセンター、サンタモニカ方面

※リトルトーキョーエリアから7th Street/Metro Centerエリアまではメトロバスを利用することもできます。

 

荒田晃輔

小森健

シタデルアウトレット女性編 by奥村佳絵菜

こんにちは。奥村佳絵菜です。

今回はシタデルアウトレットに行ってまいりました。ダウンタウンからは車で約20分!一番簡単に行けるアウトレットです。

まず到着して私は日本のアウトレットとあまり変わらないと感じました。少し違うと感じたのは、アウトレットにファストファッションが入っていること、ブランド物の割引率が高いことでした。

特に気になったことについて書いていきます!
私が個人的に好きな靴のメーカーのTOMSは、劇的に安かったです。大体やすい物で7400円、高い物となると1万円を超える物もあります。
そのTOMSがここではなんと$39.99!ネットで調べてみるとこのタイプは通常9000円ほどする物でした。
悩んだ結果買わなかったので今この事実を知って買わなかったことを後悔しています。。
IMG_4346
私の大学では一時期みんながMICHEAL KORSを持っているという事件が発生したのですが、、、(笑)
それほど日本で人気のあるブランドなのですが、ここのアウトレットではほとんどが半額!または半額以上でした!
日本ではあまりここまで割引されることはないのでびっくりしました!!
H&Mアウトレットは劇的に安い!アクセサリー類では$1のものもありました!
驚きですね〜!
あまりの安さに私も買ってしまいました。これで$1です。。!
ただし!片方がないなどが原因で安い物もあるのでしっかりと確認し注意する必要があります。
IMG_4361
COACHにも寄りましたが、元値は安いけれど割引率が低い!周りの店はもっと割引率が高いため余計に値段が高く感じてしまいますね。。
プレゼント用にとCOACH MENにも寄ったのですがこちらもあまり割引されていませんでした。
でも、メンズのものが集められているのはとても見やすいので男性には良いのではないでしょうか!
特に印象的なのがKate Spadeでした!!!!
店の前に列ができていたので店への入場制限がされているのだと思い、当然のように並んでいたのですが、どれだけ店が空いても入れてもらえない!!心配になり店員さんを遠くから観察してみたら20%オフのクーポンを持っていました。みなさんクーポンをもらうために並んでいたのですね!
15分程ならんでやっとクーポン券がもらえました。
何か買われる予定の方は絶対に並ぶべきです!!!

IMG_4351IMG_4352

店に入り買おうと決めていたものへ直行し値段を確認してみると、$48ぐらいだったかと思います。そこから60%オフ!からのならんでゲットした20%オフクーポンを使うと、消費税込みで$17くらいだったと思います!!
友達へのプレゼントに買ったのですが、もう少し何かをプラスして渡せそうです♪
IMG_4358
お友達と周るなら2時間じゃ足らないと感じました。一人で周るならちょうど良い時間だと思いました!
あと、中国人が多い!!と感じました。
読んでいただきありがとうございます!
次回もお楽しみに♪

グランドセントラルマーケットグルメツアー第3弾! by小森健

こんにちは。研修生の小森健です。

先日はグランドセントラルマーケット食レポ第三弾ということで、Belcampo Meat Co. というところに行ってきました!

 

友達にここのバーガー一回食べといた方が良いよ!って言われたのでこれを目当てに来ました(笑)

 

 

ここは北カリフォルニアにある自然放牧牧場で、飼育から精肉まで手がけるオーガニック食肉店であるとともに、そのミンチ肉を使ったハンバーガー屋でもあります。

食肉店の肉で作ったハンバーガーということで、かなり期待が持てました!

 

手前がいわゆる肉屋としてのケース。

レジを挟みその向こう側に

6席のカウンター飲食スペースがあります。

 

 

ここの店はOur Burgers Are Organicと書かれているように、

肉のクオリティーにかなりこだわっています。

 

IMG_1567

「BELCAMPO BURGER」と、店の名前が入ったバーガーがあったのでそれを注文しました。

 

15ドルとハンバーガーとしては少々高いお値段ではありますが、甘みのある肉汁がジュワーって感じで、余計な味付けはほとんどなく肉本来の味を楽しむことができます。

ちょっぴり和牛っぽくもあるパティはとても美味しいです!

 

そこらへんの普通のバーガーと比べたら素人の僕でも明らかに違うのは判りました(笑)

 

お金に余裕があれば、ぜひ一度は試しておきたい一品ですね!

グランドセントラルマーケットグルメツアー第2弾! by荒田晃輔

 

こんにちは。研修生の荒田晃輔です。

先日、グランドセントラルマーケットでとった昼食のレポートをさせていただきます。

 

ダウンタウンのド真ん中にある市場、グランドセントラルマーケットは、西海岸有数のグルメの宝庫です。IMG_3354

IMG_3353

市場内には、エッグスラットの店、メキシコ料理店、カフェ、チーズ専門店などが立ち並び、とても賑わっています。IMG_3355

 

さて、たくさんあるお店の中から僕が選んだのは、「Olio Wood Fired Pizzeria」というピザ屋さん。

こちらは2013年にマーケット内にオープンした新しいお店です。IMG_3362 IMG_3361

この店、1号店は2010年に同じロサンゼルスのダウンタウンにオープンしました。創業者Brad Kentシェフによる、甘み、酸味、塩味、旨味などの風味や食感にこだわって作られたピザは評判を呼び、グランドセントラルマーケットに進出することとなったのです。

アメリカのグルメ雑誌、ボナペティなどでも高く評価されています。

店舗は、マーケットのほぼ中央にあります。マーケット内では、ここのピザを食べているお客さんを数多く見かけることができます!いかにこの店が人気なのか分かりますね。

 

さて、僕が注文したのは、「Margherita Plus(マルゲリータプラス)」です。ただのマルゲリータじゃありません、マルゲリータプラスですよ!

この店には、「プラス」のつかない普通のマルゲリータピザもあります。このマルゲリータに更なるこだわりを上乗せしたのがマルゲリータプラスなのです。

この「プラス」の部分の最も大きな要素は、ブラータを使用しているという点です。ブラータとはチーズの名前。お店のパンフレットには、「とってもクリーミーでフレッシュなモッツァレラチーズ」と書いてあります。モッツァレラチーズの中に生クリームが入っているので、鮮度第一、故に入手困難な珍しいチーズなんです。IMG_3364 IMG_3366

注文して10分程で焼き上がりました。 コーラを飲みながら食べるのがアメリカンスタイルです。笑

 

いよいよ実食。

一口食べた瞬間、濃いトマトソースの強めの酸味が広がります。水分の多いブラータは、モッツァレラと生クリームの良いとこ取りで、やはりとてもフレッシュでクリーミー。ミルク感のあるマイルドな味わいで、口の中に程よい塩気を残して溶けていきます。さらに、オリーブオイルがよくしみ込んだバジルはとても香りが良く、これらの相性は抜群です。とてもシンプルであるため、素材1つ1つの味を充分に楽しむことができますよ!IMG_3371

生地はパンタイプで意外と厚みがあります。日本のピザもそうですが、クリスピーではなく、パン生地タイプのモチモチとしたものが、アメリカでは主流です。このピザの生地もモチモチとしていて、特にミミの部分はその食感を楽しむ事ができます。

アメリカに来てから、モチモチとした食感の料理を食べたのは初めてのような気がします。

 

さて、食後のアイスのお時間です。

このピザ屋さん(Olio Wood Fired Pizzeria)の近くにある「McConnell’s Fine Ice Creams」というアイスクリーム屋さんは、2014年にグランドセントラルマーケットにやってきたこれまた新しいお店です。IMG_3378

McConnell’s Fine Ice Creamsの創業は1949年。カリフォルニア州南部のリゾート地サンタバーバラでスタートしたお店です。

カリフォルニア州は、酪農や果物の生産が盛んであり、特に牛乳の生産量は全米1位です。このような豊かな地の食材で作られたアイスクリームは長らく人気を博し、グランドセントラルマーケットに進出することとなったのです。

 

ここには、一般的なカップやコーンにのったアイスだけでなく、サンデーやアイスサンドイッチ、シェイクやフロートなどがあり、アイスクリーム屋さんにしてはメニューが多い気がしました。IMG_3379

アイスのフレーバーは15種類。僕はシングルを注文したのですが、シングルでも2種類のフレーバーのアイスを選ぶ事ができるようです!さすがアメリカ。

 

「BANANA & SALTED CARAMEL」と「SEA SALT CREAM & COOKIES」を選び、ワッフルコーンにのせてもらいました。プラス1ドルで、普通のコーンからワッフルコーンに変更することができます。シングルでも結構なサイズですね。笑IMG_3374 (2)

写真に見えるのはBANANA & SALTED CARAMELだけですが、この下にSEA SALT CREAM & COOKIESが隠れています。

 

さて、実食です。

さすがに大きいので、スプーンで食べたのですが、とろりとしていてよくのびます。また、このアイス、とても柔らかいです。最初は丸かったのですが、すぐに形が変わっていきました。

柔らかいだけあって、口当たりはものすごく滑らかです。

BANANA & SALTED CARAMELは、塩キャラメルソースの風味がやや強めです。バナナ感は控えめであまり主張してきません。しかし、普通のバニラアイスよりもやや風味の強いバナナアイスの方が、塩味の効いた塩キャラメルソースに合っているように感じました。意外なコンビですが、こんなにも相性がいいとは思わず、とても驚きました。

今まで出会った事の無い味に夢中になりながら食べ進めていくと、SEA SALT CREAM & COOKIESに辿り着きました。日本でもクッキー&クリームは人気のフレーバーですよね。こちらも名前に塩が入ったフレーバーですが、今回はあまり塩味は主張してきませんでした。しかし、このほんのりとした塩気が良いアクセントになり、濃くて甘いクリームの味に飽きる事無く食べる事ができます。また、大きめのクッキーはとてもしっとりとしていて、アイスに良くなじんでいます。

どちらのフレーバーもとても濃厚で、食べると喉が乾きます。ただ、ここでしか味わう事の出来ない独特の風味や食感を楽しむ事ができ、新たな発見をした気がします。笑IMG_3377

このワッフルコーンは、本物のワッフルを巻いて出来たような分厚いコーンです。甘さ控えめ、サクサクとしっとりの真ん中くらいの食感のワッフルコーンは、甘くて濃厚なアイスと良い感じにマッチします。

結構量があったのですが、ペロリと完食しました!

 

この昼食だけで、カリフォルニアを大分感じる事が出来たのではないかと思います。新たな味や食感と出会い、新たな発見をし、取れ高十分なグルメツアーでした。グランドセントラルマーケットは、ダウンタウン内にあり交通の便も良い上、リーズナブルな価格で様々な味と出会い楽しむ事ができるので、オススメです!IMG_3382

 

荒田晃輔

グランドセントラルマーケットグルメツアー第1弾! by奥村佳絵菜

こんにちは!サマーインターン中の奥村佳絵菜です。

今回はダウンタウンにあるグランドセントラルマーケットに行ってまいりました。
少し長くなってしまうので第3回に渡ってご紹介いたします!
まず、グランドセントラルマーケットについてです!
グランドセントラルマーケットはカワダホテルのすぐそばに位置しています。
とてもリーズナブルなホテルであまり宿にはお金をかけたくない学生の旅行にはぴったりの宿泊先かもしれないですね!
他のホテルと比べると部屋も狭いですが、今日ご紹介するグランドセントラルマーケットには激近です!!!
グランドセントラルマーケットは倉庫のような広い建物の中に、たくさんの食べ物屋さんが入っています。
この倉庫のような建物の中には人がたくさんいて、がやがやしているのですぐに見つけられると思います。
また上の方に看板がぶら下がっているのでこちらを目印にするのもいいかと思います!
IMG_4366
中はこんな感じになっています。
IMG_4367
さあ食レポに入りますね♪
第1弾の今回、私は、がっつり系を攻める事にしました。
倉庫っぽい建物を少しだけ外に出て倉庫の横にある Horse Thief BBQ へ向かいました。
IMG_4374
他の店と感じが違って、テラス席が広がっています。外に立っているので風に当たりながら気持ち良く食べられます。
IMG_4386
IMG_4376
メニューは
・BEEF BRISKET
・PULLED PORK: BBQの代表的なメニューの一つで豚の腕肉や肩肉の塊を低温のBBQスモーカーでゆっくり5時間以上かけて調理し、それをほぐした物のこと。
・SPARE RIBS
・CHICKEN
・RIB TIPS
・TWO MEAT PLATE
と多くの種類から選ぶお肉や、サンドウィッチ、サラダがあります
お肉にはサイドメニューが付き6種類の中から2つ選べます。
サイドメニューでどんなものかわからないメニューは、「これ何〜?」と聞くとテイスティングさせてくれます!
この中から私はスペアリブを選びました。
サイドメニューは、さつまいもと人参のマッシュポテトのようなものと、マカロニチーズを選びました。
IMG_4377
こんなに大きくて$13です!!!
とてもボリューミーで、これを一人で食べるのは無理でした、、、
女子旅でしたら、これを何人かでシェアしてちがうものをいくつか食べた方が楽しめると思います!男性ならぺろっと食べられる量ですね!!
スペアリブはあまり食べるところがなく、また少しかたく食べにくそうで、私は日本ではめったに食べないのですが、おそるおそる食べてみると、、、!! ここのスペアリブは違いました!!!
柔らかく食べるところもたくさんあります。女の子でもカッコ悪い食べ方にはなりません!(それぐらい食べやすいです。)
味付けは濃すぎず丁度良いぐらいで、日本人が好きそうな味付けとなっています。
またBBQ味なので馴染みやすいです。
私たちもここのスペアリブの美味しさには圧倒されました!
IMG_4379
さつまいもは、上に茶色のものがのっていますが、これはクランブル(粉とバターと砂糖をポロポロのそぼろ状にしたもの)の甘くないバージョンのようなもので細かく砕かれたアーモンドが入っています。私の知識ではこれが何なのかわかりません。。すみません!
特に味付けはされていないのですが、さつまいももにんじんもクランブルのようなものも素材の味を生かした甘さでほんのり甘く、スイーツのようでした。とても私の好みの味でした!
IMG_4378
マカロニチーズはチーズが濃厚であつあつ!最後まで飽きない味でした。表面がバーナーで炙られているのか、チーズが溶け少し焦げ目がつき、その焦げ目が最後の方には少しかたくなりそれがまた美味しかったです。
IMG_4383
ちなみに、グランドセントラルマーケット内にはお手洗いも設置されています!遠くまで行く必要もないのでいいですね!
最後まで読んでいただきありがとうございました!!!
第2弾もありますのでお時間のある方はよろしければどうぞ!

ビバリーヒルズのスター豪邸とハリウッドツアー

皆さん、初めまして!今月からこちらで研修させて頂いております、奥村佳絵菜です。

サマーインターンシップで4週間お世話になります。

三重県出身の田舎者なのでこちらでの生活は毎日刺激的です。どうぞよろしくお願いします!

 

さて!今回、私は初めてツアーに同行させて頂きました。とてもわくわくしながら参加しました。

同行させて頂いたツアーは、ビバリーヒルズのスター豪邸とハリウッドです。

こちらのツアーは、セレブの豪邸を巡り、あの!有名なチャイニーズシアターなどハリウッドの観光すべきポイントが ぎゅっっっと 詰め込まれた11:00〜15:00の計4時間のツアーです。

 

では、今回のツアーのレポートに入ります。

11:30 Beverly Wilshire Hotel 出発です

このビバリー・ウィルシャー・ホテルは、映画「プリティー・ウーマン」の撮影でも使用されたホテルです!とても大きくて素敵なホテルでした。

IMG_4041

このホテルのすぐ側にある、ロデオドライブへ!!こちらでは、10分程写真撮影やトイレ休憩が出来ます。

IMG_4049

ロデオドライブには、とても多くの有名高級ブランドが立ち並んでいます。

ティファニー、ルイヴィトン、セリーヌ、グッチ、プラダ、バレンシアガ、サンローラン、エルメスなど書ききれない程のブランドがあります。

IMG_4043 IMG_4046 IMG_4047

今回はたまたま、ダリフェアをしていたため、ダリの作品の一つである、「記憶の固執/The Persistence of Memory」のモニュメントが所々にありました。とてもリアルな作りで、見ることができてラッキーでした!

IMG_4053 IMG_4054IMG_4035

そして次に、スターの豪邸巡りへと出発します!

車で向かっている途中、車内ではドライバーさんがアメリカらしい食べ物の紹介や、有名店、色々なまめ知識など面白い情報も教えて下さります!!

 

たくさんの大きなお家と等間隔で植えられた木々を通り過ぎ、皆さんご存知のマイケルジャクソン邸へ。

IMG_4056

まさにこのお家こそが、マイケルが最期を迎えた場所です。このお家で倒れ、UCLAメディカルセンターに運ばれたそうです。

こちらのお家の家賃はなんと、、、なんと!月10億円!!!

一般人には到底払えそうにない価格ですね。

 

エルヴィス・プレスリー邸です。

IMG_4061

続いて、ビートルズのジョージ・ハリソン邸です。

IMG_4065

現在は違う方が住まれているので、残念ながら前に停まっている車は関係ありません。ピンク色の屋根が可愛い印象を受けました。

こちらがバーバラス・ストライザンド邸です。

IMG_4071

私はこの方の事を知らなかったのですが、歌手活動に女優業にとても偉大な方であるようです。

ウォルト・ディズニー邸です。

IMG_4073

たくさんの木々に囲まれていて門の中の様子は全く見えませんでした。

続いて、石油王ドヒーニ邸へ。

IMG_4117

こちらの写真から分かるようにとても高台に位置しています。

そのため、このドヒーニ邸が本当のビバリーヒルズだそうです。(Hill:丘に立っている為。)

400ヘーベーもの広大な敷地では、スパイダーマン3などの撮影に使われたりしています。

1904年からは国によって管理されているので、パーティー会場として貸し出されたりもしています。

見学だけならば無料公開されています。

また、「水」と「緑」はお金持ちの象徴であるそうです。

ドヒーニ邸にも もちろん水と緑がたくさんありました。

IMG_4102

IMG_4103

IMG_4114

IMG_4108

広大な敷地内には、馬小屋もありました。

IMG_4132

ここでまたドライバーさんによる豆知識タイムです。

ロデオドライブの語源は、昔、馬が走っていたということから来ているそうです。

馬小屋の隣にはお手洗いもあります!

12:45 ドヒーニ邸見学を終え West Hollywoodへ向かいます。

途中にキアヌ・リーブス邸も案内していただきました。現在このお家には妹さんが住まれているようで、妹さんに会いによくここを訪れるようです。

IMG_4143

IMG_4144

さらに車を走らせ、急な坂道のつきあたりにジョニー・デップ邸がありました。

IMG_4146

IMG_4147

IMG_4148

13:05 これでスター豪邸見学を終え、ハリウッドへ向かいます。

チャイニーズシアターの前にある手形足形をどれが誰のものかきちんと教えてくれます。自分で有名な方の手形足形を探す必要はありませんね!時短です!

スターウォーズのR2D2の足形もありました。可愛いかったです。

IMG_4171

IMG_4174

足や手を合わせて写真に収めておくと良い思い出になること間違い無しです!自分と同じ大きさの足型を見つけられた時はとても嬉しいです!

ここで1時間の自由行動です。

こちらでランチタイムとなるのですが、ハリウッドハイランドには、フレンチクレープ、ポキ、ラーメン、ピザなどたくさんの食べ物屋さんがあり、自由に選ぶことができます。

$2程でキーホルダーも買えるのでお土産を買うのもいいかもしれないですね!

ハリウッドハイランドと直結しているドルビーシアター(旧称コダックシアター)では、2002年からアカデミー賞の授賞式が行われており、受賞作品名が柱に記されています。

IMG_4184

IMG_4165

柱には、まだまだ先のことまで準備されています。

年に1度しか使われないのではもったいないので、ドルビーシアター内の見学ツアーも行われています。

IMG_4181

興味のある方は見学されると良いですね!

4時間のツアーを終えると、宿泊しているホテルまで送ってくださります。

お疲れ様でした!

こんなにも楽しいツアーに同行させていただきありがとうございました!