カテゴリー別アーカイブ: 観光

観光

意外!?なガイドさんと半日ツアーに同行してきました!

 

こんにちは! インターン研修生のなつみです。

 

今回はロサンゼルス市内を効率よく半日で回ることが出来る『ロサンゼルス半日観光ハイライトツアー』ツアーに参加したので、弊社に新しく入ったガイドさんの情報も交えながらご紹介して行きたいと思います。

こちらが今回、私が同行させてもらったガイドのシェリフさん!

IMG_1511

大きくて迫力満点のおじさまですが笑顔がとても素敵です。

実はこの方、日本語ガイド歴が10年以上あるベテランガイドさんなのです!!

シェリフさんはエジプト出身でカイロ大学の日本語学科で日本語を学んだ後、現地エジプトで日本語ガイドをされていたのです。

 

なんと、日本のテレビにもガイドとしての出演経験もあるのだとか!!

それだけではなくロサンゼルスにも十年以上滞在されているのでロサンゼルス内のガイドもばっちりです。

 

シェリフさんになぜそんなに日本語が上手なのかを聞いてみると、
エジプトでは日本のアニメや映画が放送されているそうなのですが字幕無しの状態で放送されているため『日本語が出来たら面白いだろうなー』というきっかけで小さい頃から日本に興味があり、大学で日本語を学んでいたそうです。

また、東京にも約半年間留学経験があるのだとか。

驚くことにエジプトでは『おしん』や『キャプテン翼』が大ヒットしているのだそうです。

 

ではそんなシェリフさんとツアーに参りましょう!

朝9時頃、お客様をお出迎えしてツアーがスタートします。

その後、弊社のオフィス があるThe Westin Bonaventure Hotel 周辺のダウンタウン市街地をぐるーっと回りながらサンタモニカへ向かいました。

 

車窓からはLAオペラの本拠地のミュージックセンターを見ることもできます。

IMG_1611

このミュージックセンターのドロシーチャンドラパビリオンではブロードウェイミュージカルが数多く上演されています。

そこから暫くフリーウェイという高速道路に乗ります。

シェリフさん『今向かっているSanta
Monicaと言う土地の地名は、Santaが英語で聖なるという意味で、Monicaという聖人の女性の名前なんです。それを合わせて聖なるモニカという意味になるのですよ』

調べてみるとサンタモニカにスペイン人がやって来た日が聖人モニカの誕生日だった事に由来するそうです。

シェリフさん曰くこの他にも多くの土地にスペイン人が入植したため、道の名前はスペイン語が多いそうです。

 

車内でお客様と会話や音楽を楽しんでいるうちにサンタモニカに到着しました!

これがかの有名なサンタモニカのエントランスゲート!

IMG_1266

1997年アカデミー賞受賞の映画『タイタニック』の撮影でも使われた桟橋がここサンタモニカピアなのだそう!

約30分の休憩後センチュリーシティーへ向かいます。

 

20分程でフォックススタジオや高層ビルが建ち並ぶセンチュリーシティーへ到着。

車内からもフォックススタジオの 大きな看板が見えます。

IMG_1662

 

 

シェリフさん『このフォックススタジオの前の道は有名なスター達が撮影ノためにこのスタジオに訪れるので Avenue of the Stars
(スターの道)と呼ばれているんです』

日本でこんなかっこいい名前のついた道は聞いた事がありません!笑

 

するとすぐに車内からInterContinental Los Angels
やダイハードの撮影でも使用されたナカトミビルが見えます。

IMG_1661

ここを通り過ぎると5分程でビバリーヒルズに到着します。

 

高級ブランドが立ち並ぶロデオドライブなのですが全て路面店でディスプレイも豪華絢爛。シャネル ルイヴィトン

サンローラン カルティエ など圧倒されました。

IMG_1476

 

 

どうやらこのロデオドライブにあるシャネルはマイケルジャクソンがよく利用していたとか、、、

市役所でさえもかっこいい!

IMG_1478

 

 

シェルフさん『ここビバリーヒルズにはジャスティンビーバーや著名な政治家や芸能人のお家もありますが、日本の著名人も住んでいてX-JAPANのYOSHIKIさんや氷室京介さんもお家を持っているそうです。そして今からマイケルジャクソンが最期に住んでいたお家にも向かいますよ!』

街全体が異様なオーラを放っていて一軒一軒お城かのような佇まい。

まるで絵本の世界に迷い込んだかのようです。

 

しばらく車を走らせるとドドーンとマイケルジャクソンの邸宅の門が!

広すぎてどこからどこまでが敷地か分からないので門の写真を記念にパシャリ

 

IMG_1483

 

 

 

 

 

 

最後はハリウッドの中心地ハリウッドハイランドへ向かいます。ハリウッドでは約30分のガイドさんによるツアーを行ないました。

ここで最初に訪れたのは、ドルビーシアター。

先日4日に行なわれたアカデミー賞の授賞式もこの劇場でおこなわれました。レッドカーペットを歩く数々の芸能人や著名人はアカデミー賞の名物ですよね。

ドルビーシアターのすぐ近くにはSWEET! というオスカー像が売っている可愛らしいお土産屋さんやHard Rock cafeがあります。

そしてドルビーシアターのすぐ前にある階段の横の柱には受賞した作品が刻まれます。

ちなみに私が生まれた年の1997年受賞作品のタイタニックもちゃんとありました!

IMG_1503

 

 

なんとドルビーシアターのショッピングモールからハリウッドサインが見えるのです!IMG_1506

そしてドルビーシアターのすぐ横にあるがグローマンズチャイニーズシアター。

ここにはおよそ200人のハリウッド俳優や女優その他著名人の足形や手形、サインが刻まれています。

チャイニーズシアターという名前だけあってとても中国風の建物です。
この日は平日でしたが、たくさんの観光客で賑わっていました。

こちらはシェリフさんに教えてもらったジョニーデップの手形と足形。

IMG_1631

 

 

他にもウィルスミスやハリーポッターそしてマイケルジャクソンなどなど!

 

 

 

このチャイニーズシアターがあるハリウッドのメイン通りは約5キロに渡るハリウッドウォークオブフェイム(名声の道)という有名人の名前が星形のプレートに刻まれています。

IMG_1401

 

 

ウォークオブフェイムではマイケルジャクソンとヒュージャックマンを発見!

 

 

 

IMG_1526

IMG_1528

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後お客様をお見送りしてツアーは終了。

 

いやぁー楽しかったー!

今回同行させて頂いて感じた事は、何よりもシェリフさん自身が楽しんでガイドをされている姿が印象的でした。自分が楽しいと思える仕事に就けるのって素敵な事ですよね。大変勉強になりました!

最後にシェリフさんと記念にパシャリ。

IMG_1512

 

シェリフさんありがとうございました!

 

今回私が参加したツアーはこちら↓

ロサンゼルス市内 半日観光ツアー

 

最後まで読んでいただきありがとうござしました!

 

LA LA LAND で話題に!?世界最短の鉄道Angels Flight Railway

皆さまこんにちは! 研修生の伊藤雅敏です。本日は昨年日本でも上映された LA LA LAND に登場し、話題となった Angels Flight Railwayについてご紹介します。

LA LA LAND's Picture

 

 

△映画『LA LA LAND』での主演セブとミアの乗車シーン

Angels Flight Railwayはロスアンゼルスのダウンタウンに位置し、坂の上の駅(The Top Station)と下の駅(The Lower Station)を結ぶ世界一短い315 feet(約96m)の小さなケーブルカーです。歴史も古く最初は1901年に作られ、その後場所を移し1996年から現在の場所で運行しています。

Stone Monument of Angeles Flight Railway

△The Top Station を降りてすぐのところにある石碑

乗車時間も1分ほどで実際に階段でも登れる距離を走行しているのですが、坂の勾配が30°程あり高低差も50m近くあります。そのため走行中の景色の移り変わりは束の間で胸迫るものがあるのです。

photo from the North Hill Street

 

△Grand Central Market 前から撮影したAngels Flight Railway

外装はダウンタウンでも一際目立つオレンジ色を基調としています。ポップな雰囲気の中にもどこか神聖さを感じられ、まさに天使の女王である聖母マリアの村を意味するロスアンゼルスの地名を見事に体現しているのです。

Outside of Angeles Flight Railway

△Angels Flight Railway の外装

内部の構造は坂の勾配を利用した階段状で、木目調のレトロな雰囲気に溢れています。それに併せて、車内も明るく雰囲気も良いため、乗車中も周囲の穏やかな自然や近代的な建物群と調和していて思わず胸が躍りました。

Inside

 

 

 

△レトロな雰囲気のAngels Flight Railway の内装

ちなみに坂の上側の四人が向かい合って座れるスペースはケーブルカーの外にせり出していて、蒸気機関車の車両連結部を連想させて興奮も最高潮に達します!

the space of higher side

△上側の乗降車口付近の座席は迫力も臨場感抜群です

料金は片道 $1で、登る時も下る時も坂の上の改札口で駅員さんに直接支払います。メトロパスを持っている人だとなんと半額の¢50 で乗車でき、他にも5回券や40回券のなどの割引回数券も存在します。

The toll table of Angeles Flight Railway

△ポップなデザインの料金表

登りと下りが同時に出発して坂の中腹の分岐点ですれ違い、その時は臨場感に溢れています。

the moment cross two railways

△二つの車両がすれ違う瞬間はたまらないです!

坂の下が多くの食事処があるGrand Central Marketや7th Street Station から地下鉄で一駅のPershing Squareのあるノース・ヒル・ストリートに面しています。

on the North Hill Street

△ノース・ヒル・ストリートの様子

坂の上は現代美術館のあるサウス・オリーブ・ストリートに面していて、ウォルト・ディズニーコンサートホールや現代美術館Broadや高級ホテル群が近くにあります。そしてこちらのElephant Tourロスアンゼルスオフィスがある The Westin Bonaventure Hotel もThe Top Stationから大変近いです!

photo from under angle

△The Top Station の周りにそびえ立つ超高層ビル群!!

特にThe Top StationからElephant Tourのオフィスへの道は両脇にまさに摩天楼とも言える超高層ビルがそびえ立ち、東京の六本木を彷彿させます。

ノース・ヒル・ストリートでの生活感のある庶民的な雰囲気から一転、The Top Station の周りには一流企業のオフィスビルが立ち並び、洗練されてアメリカナイズされた異世界が広がっているのです。

the clear photo of the Westin Bonaventure Hotel

△Elephant TourのLos AngelesオフィスがあるThe Westin Bonaventure Hotel

ちなみに気になる営業時間は年中無休で6:45amから10pmです。

待ち時間もお客様が乗車したらすぐに出発するので、ほとんどありません。

ノース・ヒル・ストリートやGrand Central Market から上記の施設やThe Westin Bonaventure Hotel、そしてここElephant Tour のオフィスに訪れるときはぜひご利用になってください!

 

以上、研修生の伊藤雅敏でした。

taking my photo

△Angels Flight Railway とのツーショット!!

 

以下のURLも参考にして下さい!

Angels Flight Railwayのホームページ

https://angelsflight.org

 

メトロパスについてのブログ

http://www.yyisland.com/yy/lax/item/6181

 

LA初日はこれで決まり!?市内半日観光ツアー

こんにちは!

研修生の加藤雄介です。

 

先日、研修の一環としてお客様と一緒に実際のツアーに同行しましたのでその様子をお伝えしたいと思います!

またロサンゼルスの観光において知っておくと便利なメトロレイルの乗り方もご紹介します!

同行したツアーとは…。ロサンゼルス市内を効率的に回る半日ツアーです!!

 

飛行機のチケットを取るとどうしても午前中に空港に到着してしまうってことありますよね?

ホテルのチェックインまでは時間があるし…、かといって初めて訪れる土地を自力で観光する自信はないな…。という方におすすめのツアーとなっています!

 

早速行ってみましょう!

 

 

空港に着いたらまずはツアーの集合場所へ。

国際線ターミナルを出て左に進むと今回の集合場所、3Jの柱が見えてきました!

IMG_1960

 

ツアー開始時刻は11:00です。

 

お客様と合流したらいよいよツアーがスタート!

 

ロサンゼルスの街並みを車窓におさめながら車を走らせると最初の目的地、サンタモニカが見えてきます!

IMG_1976

 

 

 

 

 

 

 

 

どこまでも広がる広大なビーチ!IMG_2007

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてサンタモニカでもひと際目立つ桟橋…。その名もサンタモニカピア!!

IMG_2001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くのお土産ショップが立ち並びいつでも賑やかなこの桟橋、実はトム・ハンクス主演のとある映画となじみが深いんです。

その映画とは1994年に公開された『フォレストガンプ』です。

 

サンタモニカピアには彼が作ったBUBBA GUMPという会社の名を使ったレストランがあります。

なんとフォレストガンプをモチーフにしたレストランなのです!

さらに入り口の橋はガンプが実際に走った場所となっています!

映画ファンならだれもが訪れたい場所となっていますね!!

 

ロマンあふれるルート66の終点もここサンタモニカになります。

IMG_2015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのすぐ近くにあるPier Burgerもおすすめのハンバーガー屋さんですよ!

ボリューミーでとてもおいしいです!
IMG_2009

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは次の観光地へ!

途中でビバリーヒルズの中心地、ロデオドライブを通ります!
IMG_2004

 

 

 

 

 

 

 

 

エルメス、グッチ、カルティエ等々、多くの高級ブランドが軒を連ねています。

ここで店舗を展開できるということはブランドのアピールにつながるようです!

まさに一流の証!有名なブランドしかないわけですね!!

 

ビバリーヒルズ内ではマイケルジャクソンの家も見ることができますよ~!

パームツリーも整っていて高級住宅であるのがよくわかりますね!

IMG_2003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしているうちに最後の目的地ハリウッドへ到着しました!

隣接しているチャイナシアターの下には数多くのハリウッドスターの手形や足型があります!

ウィル・スミスや
IMG_2005

 

 

 

 

 

 

 

ジョニー・デップIMG_2006

 

 

 

 

 

 

 

僕が行ったときはアカデミー賞の直前の時期だったのでレッドカーペットが既に敷いてありました!

IMG_1968

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして15:00過ぎにツアーは終了。

お客様のホテルまでお送りします!

 

時間は4時間なので比較的短いタイプのツアーですが、旅の疲れを癒すためにも初日はゆっくり休みましょう!

今回のツアーではロサンゼルスで絶対に回っておきたい観光スポットばかりなので、気に入った場所は2日目以降でゆっくり見ることもできます。

 

そのためにメトロレイルでのアクセス方法も紹介しますね!

IMG_2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https//www.metro.net/riding/multi-language/japanese/より引用

 

・サンタモニカ…Expo Lineの終点、Downtown Santa Monica駅から徒歩10分で行くことができます。

 

・ハリウッド…Red LineのHollywood/Highland駅から徒歩3分で行くことができます。

 

 

メトロレイルの乗り方も紹介します!

因みにメトロレイルでは日本でのSuicaのような電子プリペイドカードであるtap card を使わないと乗ることができません。

IMG_2013

 

 

 

 

 

 

 

 

(これは僕の持っているtap cardの25周年のデザインなので違うものもあります。)

【tap cardの買い方】

①駅の券売機で「Buy a TAP card」を選択する。

(すでにtap cardを持っている場合は「Reload your TAP card」を選択します)

②「Metro Pass」を選択する。

③片道だけなら、「Metro 1-Way Trip($2.75)」

1日券なら、「Metro 1-Day($8)」を選択する。

④値段分の金額を入れるかクレジットカードを差し込む。

 

これでtap card を買うことができます!

1日に何度も電車を利用する予定なら「Metro 1-Day」の方がお得なのでおすすめです!

https://www.taptogo.net/

↑詳しい情報はメトロレイルのホームページでも確認ができます!

それではロサンゼルスで素晴らしい観光を!

 

歴史と自然の心躍る共鳴 -サンタモニカピア-

皆さんこんにちは!

現在、エレファントツアーにインターン生として参加している

フェロン征穏(ショーン)です。

 

 

このページでは、“サンタモニカピア”の魅力について書いていこうと思います。

以下三点、

  • 思わず癒されちゃうかわいい動物たち
  • アメリカの歴史を感じることが出来る「ルート66」の標識
  • 心躍るアーティストの方々

について紹介していきますね!!

 

 

そのまえに・・・

サンタモニカピアの簡単な説明を(笑)

IMG_4602-1

サンタモニカピアには、ビーチと桟橋があり、ロサンゼルスの有名な観光地の一つになっています。サンタモニカゲートをくぐると、正面には広大で美しいビーチ、右側にはトッパンガ州立公園の雄大な山々の光景が広がります。これを見るだけで、アメリカを存分に感じることが出来ますよ!!IMG_4105

 

目の前に見えてくる桟橋は、1909年に完成したもので、100年以上の歴史を有しているそうです。数多くの映画の撮影地としても用いられているそうで、さすがはハリウッドといった感じです!!

 

ビーチに沈む夕日も必見です。太平洋に面したビーチなので、目に入る光景が一面透き通った海であるというのは何とも贅沢ですね!!

 

IMG_4500

それでは、本題の方へ行きましょう。

 

 

  • 思わず癒されちゃうかわいい動物たち

 

・アシカIMG_4596

桟橋の先端まで足を延ばすと、そこには何ともかわいいアシカがお出迎えしてくれます! もちろん常にいてくれるわけではないのですが(笑)、出くわした時の感動は半端ではないです。

長旅の疲れや、時差ボケなども吹き飛んじゃうかもしれませんね(笑)

とにかく癒されます!!

※他のブログではよくアザラシと紹介されたりしていますが、我々の社内では、白熱した議論の末アシカという結論に至りました。(笑) 様々な情報が飛び交っているので、それも含めて是非確認しに来て下さい!!(笑)

 

・カモメIMG_4599

桟橋のいたるところでゆったりしているのが、このカモメです。

その美しい白い姿と、大きな羽を広げ優雅に飛んでいる様子は、サンタモニカピアの象徴といってもいいかもしれません。

IMG_4597

アシカに関しては見られればラッキーという感じですが、是非とも彼らを一目見てほしいと思います。

 

 

 

  • アメリカの歴史を感じることが出来る「ルート66」の標識

IMG_4536

ルート66 は知ってるよ!という方は多いかもしれませんね。

アメリカの中でも特に有名な国道として名をはせているルート66ですが、ここで簡単に説明したいと思います。

 

ルート66は、アメリカの国道として1926年に完成しました。

東はイリノイ州のシカゴから、西はカリフォルニア州のロサンゼルスまで、全長3,755㎞(2,347マイル)あります。

この距離は、地球一周(40,000㎞)のおよそ1/10に当たるそうです。

なかなか想像が出来ませんが(笑)、とにかくすごい距離です!!!

IMG_4497

1900年代に入り、「ヘンリー・フォード」社を中心に自動車が完成。

これにより、アメリカ国内で徐々に車社会へと変わっていきました。

このような社会背景により、東西を貫く道路の整備が急務となり、ルート66が出来上がったというわけです。

 

スタインベック著の小説『怒りの葡萄』(1939)の中では、ルート66は「マザーロード」という名前で紹介されており、まさしくアメリカ国民の聖道といった感じです。

 

 

そしてこの長い長い道の西端印の標識が、このサンタモニカピアにあるわけです!

そう考えるだけでワクワクしますよね(笑)

 

この標識は是非とも写真を撮っておきたいスポットになっておりますよ!!

 

 

 

  • 心躍るミュージシャンの方々

 

サンタモニカピア、もう一つ見逃せないポイントは桟橋の両側で演奏しているミュージシャンの方々です。

IMG_4601

サンタモニカのビーチにぴったりの音楽を演奏してくれているので、素晴らしいBGMのようになっています。

ただの散策に一味違ったテイストを加えてくれること間違いなしです!!

 

もちろんチップボックスも置いてあるので、気に入ったミュージシャンの方がいれば、お気持ちを渡してあげるといいと思います。

金銭的余裕があれば、ですけどね(笑)

 

また、夏場には

木曜日限定の無料コンサート、「トワイライトコンサート」も開催されているそうですよ。

無料でコンサートが聞けるというだけで心が躍りますし、相当大規模なもののようなので、夏の時期にロサンゼルスに来られる方は、絶対に寄ったほうがいいですよ!!

 

以下、「トワイライトコンサート」HPのURLを貼っておきますね

https://santamonicapier.org/twilightconcerts/

 

 

 

ここまで、サンタモニカピアの魅力・楽しみ方について紹介しました。

 

いかがでしたでしょうか?IMG_4496

この記事を読んで、少しでも「行ってみたい!」と思ってもらえれば、心から嬉しいです!!

 

エレファントツアーでは、サンタモニカピアを回るツアーを多く取り揃えているので、ぜひぜひ活用してみてくださいね。思い出に残る旅行になること、間違いなしです!!

 

<エレファントツアーにて、ご用意しているツアーのリンク>になります。

23D http://www.elephanttour.com/ot/rec.php?recid=826

11A http://www.elephanttour.com/ot/dd.lax.c01.0.html

11AL http://www.elephanttour.com/ot/rr.lax.c01.811.html

 

長くなりましたが・・・最後までお読みいただき、ありがとうございました。

心のリフレッシュinデスバレー国立公園

こんにちは、そして初めまして!インターンの未来です。
本日は2月21日に同行させていただいたデスバレー国立公園を日帰りで訪れるツアーについてレポートしたいと思います。2月のデスバレー国立公園はどのような感じなのでしょうか??ドキドキです!

まず、デスバレー国立公園についてちょっとだけ紹介します。
デスバレーという少し恐ろしい名前がついていますが、名前の由来はゴールドラッシュのときに近道しようとデスバレーを利用したグループのうちの1人が酷暑と水不足で命を落としたことが由来です。しかし、それ以降洪水の被害を除いて命を落とした方はいないそうです。1994年に国立公園に認定され、アメリカの国立公園の中で最大の面積を誇っています。長い年月をかけて形成された複雑な地形を見ることができます。

朝7時(気温12℃) 太陽もでてきていよいよ出発です!風が吹いていて寒いです…着脱しやすい上着を持って行きましょう!

ダウンタウンから約4時間かけて車で移動します。このツアー…なんと往復約1,000キロも移動するんです!!私は田舎出身なのでこんなに長く車で移動するのは初めてでした!

走ること約1時間30分。見てくださいこの沢山の風車!!!
DSC_0558

よく見ると奥の方にもまだまだあります。ここで沢山の電力を賄っているんですね!

途中には鉄道が通る線路に車を停めて車の中からですが写真をパシャリ。
DSC_0568

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタグラムをしていないのでよく分かりませんが、インスタ映え?な写真も鉄道が走っていなければ撮れますよ~
またアメリカの鉄道って長いものだと2キロくらい続いているそうです!今回は見ることができませんでしたが、踏切での待ち時間と迫力はすごそうですよね!

約2時間30分くらいの地点から道路も変わってきました。地形に沿って舗装している道路を時速約120キロで走るのでちょっとしたアトラクションのようでした!カリフォルニアアドベンチャーのカーズのアトラクションのようでしたよ!

出発して3時間経ったくらいにトローナという町に着きます。ここで遠目にですが、「トローナピナクル」というものが見えます。あの「猿の惑星」のロケ地として使われたところだそうです。
トローナを過ぎパナミントバレーを楽しんでいくとデスバレー国立公園の看板が見えてきます。この看板、道の途中にポツンとあるので早いスピードで走っていると見逃すかもしれません!ここで停車して写真をパシャリ
DSC_0591-1

途中で休憩をはさみ12時頃ファニースクリークに到着です!ここは唯一湧き水がでていたところで、何もない大地に緑が生い茂っています。近くには居住地区があるそうです。やはり人が生きていくためには水が大切なんですね!

このミュージアムの近くにはお土産を買うお店などがいくつかあったのですが、リニューアルするためにほとんどが工事中…
このミュージアムでもインスタ映えのところがありましたよ!
大きな汽車と一緒に太陽の日差しを浴びて写真をパシャリ。
DSC_0600

余談ですが、標高約1,800メートルのところまで登ったので私の空のペットボトルが変形してしまいました…体にもこのくらいの圧がかかっているんですね!標高が高いと雲がほとんどなく青空も楽しむことができます!
DSC_0627

さて、お腹も満たされたところでいよいよツアー出発です。

① ゴールデンキャニオン
最初のポイントは「スターウォーズエピソード4」のロケ地となったゴールデンキャニオン。ここは本日お客様がスターウォーズが大好きということで寄ってもらいました。ここは本当に地球なのか…!?というくらい異世界でした。
DSC_0617

 

② デビルズゴルフコース
悪魔ならこのような場所でゴルフできるだろうという発想からこの名前がついています。いつもは黒い地面ですが、今月に雨が降ったおかげで塩の結晶がはっきりとでていました。触るととても固く靴を履いていてもごつごつしているのが伝わってきました。悪魔しかゴルフできないと考えるのも納得です!転ばないように気をつけて歩きましょう!
DSC_0634

 

③ バッドウォーター
ここはなんと海抜-85.5メートル地点なんです!!名前の由来はここの水を飲んだ人がしょっぱくて飲めない、ということからきています。ちょっとネーミングセンスに笑っちゃいました。海抜が低く夏はとても暑く、最高57℃を記録したこともあるそうです。2月は大体22℃くらいなので、外にでて沢山写真を撮ることができました。
DSC_0643
向かい側には海抜0メートルの看板もあり、湖の底にいる感覚が楽しめます!ガイドさんの勧めでバッドウォーターを舐めてみようと思いましたが、少し濁っていて断念しました。
DSC_0650-1
白い道のようになっているところは全て塩でできています。最初は道路を白く塗装したのかと思っちゃいました。

image2
お客様が写真撮影をしている私を撮影してくれました。頑張って撮影をしている感じが伝わっているといいな…

 

④ アーティストパレット
アーティストドライブという一方通行の道を進んで行くと見えてきたのはカラフルな岩!!人工的に色を付けたのではなく、中に含まれる鉱物によって色が変化しているんです。神秘的で一番印象的でした!!
DSC_0657
肉眼でも分かりますが、このスポットではより色をはっきり見るために、サングラスをかけたり写真越しで見たりすることをおススメします。
image3サングラスをかけてちょっとキザな感じでパシャリ。

 

⑤ザブリスキーポイント
写真家ザブリスキーがお気に入りの場所としていたところです。丘の上まで登ると広大な大地を見渡すことができます。はじめに訪れたゴールデンキャニオンのハイキングコースの到着地点にもなっています。
DSC_0677自分がちっぽけに感じられるところでした。広大な自然に囲まれ程よい太陽の光を浴びてリフレッシュできました。見てくださいこの景色…写真家が好むのも分かるきがします。
DSC_0684
image1
笑って写っていますが、立っている場所の幅が狭くすぐ後ろも崖なので内心ビビってました(笑)

 

以上の5つのポイントを回って最後にファーニスクリークビジターセンターに寄りました。入口付近に大きな温度計があります。ここでも写真をパシャリ。
DSC_0701-115時の時点で華氏69度(約20℃)でした。
またビジターセンターの中では夜の星空ツアーなどの案内もしていました。個人で訪れる場合は星空ツアーに参加してみるのもいいと思います。夜になると真っ暗になるので星がすごく綺麗に、そして近くに見ることができるそうです。この時期は過ごしやすいので多く方がキャンピングカーで訪れていました。キャンピングカーでここに訪れるのもいいですね!

15時30分ごろ帰路につきます。2月中旬から6月上旬にかけてたくさんの野花を見ることができます。

【2月中旬~4月中旬まで:標高の低いところ】
Desert Gold(Geraea canescens)
geraea-canescens1

 

 

 

 

 

 

 

Notch-leaf Phacelia(Phacelia crenulata)
Phacelia_crenulata

Caltha-leaf Phacelia(Phacelia calthifolia)
Phacelia-calthifolia-

Golden Evening Primrose(Camissonia brevipes)

Common names: yellow cups, Mojave suncup, Golden suncup Photographed south of Death Valley National Park in the Mojave Desert
Common names: yellow cups, Mojave suncup, Golden suncup
Photographed south of Death Valley National Park in the Mojave Desert

 

 

 

 

 

 

 

Gravel Ghost(Atrichoseris platyphylla)
Atrichoseris_platyphylla_8

Bigelow Monkeyflower(Mimulus bigelovii)
Mimulus-bigelovii

 

 

 

 

 

 

 

Desert Five-spot(Eremalche rotundifolia)
five
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【4月上旬~5月上旬:標高900m~1500mのところ】
Desert Dandelion(Malacothrix glabrata)
8Brittlebush(Encelia farinosa)
9Princesplume(Stanleya pinnata)
10

Desert Paintbrush(Castilleja chromosa)
11

Fremont Phacelia(Phacelia fremontii)
12

Mojave Aster(Xyloriza tortifolia)
13

Bigelow’s Coreopsis(Coreopsis bigelovii)
14

 

 

 

 

 

 

 

Indigo Bush(Psorothamnus arborescens)
15

 

 

 

 

 

 

 

Desert Globemallow(Sphaeralcea ambigua)
16

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

【5月上旬~6月中旬:標高1500m~3300mのところ】
Desert Mariposa(Calochortus kennedyi)
17③

 

 

 

 

 
 

Purple Sage(Salvia dorrii)
18

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Rose Sage(Salvia pachyphylla)
19

Panamint Penstemon(Penstemon floridus austinii)
20

Magnificent Lupine(Lupinus magnificus)

Lupinus magnificus, Pleasant Canyon, Panamint Valley, 17 May 2009.
Lupinus magnificus, Pleasant Canyon, Panamint Valley, 17 May 2009.

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Inyo Lupine(Lupinus excubitus)
22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その年の降水量によって変わりますが、今年は黄色い花を見ることができました。車窓から見たので残念ながら写真は撮れませんでした。

最近流行りの乾燥地域の植物も見ることができますよ!
DSC_0696
この植物⑤のザブリスキーポイントで見つけて触ってみたんですが、意外と柔らかかったです!乾燥地域の植物って全部サボテンのように表面が硬いものだと思っていました。新たな発見ができました!
夏に訪れるとほとんどの野花は暑さで焼け枯れてしまうそうなので、野花を見たい方はぜひこの時期に訪れてみてください!

30分くらい車を走らせると砂丘が見えてきます。岩ばかり見ていたのでちょっと新鮮でした。いつか歩いてみたいです。

この時期日没も早いので帰り道、夕日を写真に収めることができました。夕方の景色もとてもきれいで日中とはまた違った顔を見せてくれました。途中でガイドさんが夕日の写真を撮るために車を停めてくれました。ありがとうございます!

だんだん建物も増え始め、19時30分頃ダウンタウンに戻ってきました!

これでツアーは終了です。

今回のツアーで広大な自然を見て、自然のすごさを体感しました。景色を写真には収めていますが、ぜひ自分の目で見てみてください。写真や言葉では表せない凄さがあります。

また、この時期は過ごしやすい温度なのでより長く外の景色を楽しむことができます。過ごしやすいですが喉はすごく乾きます。私は昨日水を1.5ℓとSサイズのジュースを2杯飲みました。リップクリームも必須ですよ!

往復約8時間の移動で大変ですが、移動の時も楽しめるものが沢山あります。車中ではガイドさんの分かりやすい説明や面白い話が聞けますよ!

ガイドさんの話では、ラスベガス方面から行くよりロサンゼルス方面から行った方が道中の景色が楽しめるそうです。デスバレーに行くときはぜひロサンゼルスからどうぞ!

デスバレー国立公園ツアーに興味が湧いた方はぜひエレファントツアー

デスバレー国立公園のHPもぜひご覧ください。

アボットキニー 〜知る人ぞ知る穴場ストリート〜

 

 

こんにちは!順平です。

 

 

今回は、サンタモニカアボットキニーを取材して来ました!

 

 

 

スケジュールとしては、9時お客様をシェラトンホテルにてピック、2組のお客様と合流した後、
メトロにて40分程移動、サンタモニカへ向かい散策してお昼を挟み、1時半頃アボットキニーへ。
15時ごろ解散という流れでした!

 

 

メトロは、Expo Lineの7th Street/Metro Center駅にて乗車。

 

DownTown Santa Monica駅を降りると…

bty
bty
bty
bty

 

 

 

 

 

 

 

とてもわかりやすく、アクセスも良いサンタモニカ駅前は、路面電車となっているExpo Lineと並列した綺麗な町並みとなっていました。

bty
bty

 

奥に見えるのがサンタモニカのメインゲート。

IMG_20180223_141609
ここは多くの観光客で賑わい、みなさん写真を撮っていらっしゃいました。

 

メインゲートのすぐ横にある「The Lobster」というお店で出てくる

1518975605239

〈shellfish&Black Chitarra Pasta〉

これ、めちゃくちゃに美味しいです(笑)

身がぶりぶりで食べごたえ抜群の買貝やエビ等の海鮮類に、イカスミのパスタがとんでもなくマッチしています!

お値段は少し高めですが、行けばその価値を見いだせるでしょう。

 

完璧な景色に、サービスも充実。

 

サンタモニカに来た際は是非足を運んでみて下さい。

bty
bty

 

 

メインゲートをくぐり、遊園地の方向に向かうとそこからは最高の景色が…!

ビーチを横目に軽いショッピングや、ハンバーガーも楽しめます。

 

 

 

そして!一行を引き連れてアボットキニーへ!

 

Big Blue Busというバスのバス停がサンタモニカ駅前にあるので、18番のバスへ乗り、レモネードというお店の近くのバス停で下車します。

bty
bty

ここは、ストリートに沿って左右に色々なお店が展開している、メルローズアベニューを彷彿とさせる通りになっています。

 

インターンの業務でここのマップを作った時とは少しイメージが違い、広い道路に、
お店の裏道を通り抜けると新たなお店があったりと遊び心のあるストリートとなっていました。

bty
bty

dbzlpcp8uwb0

ここには雑貨屋、カフェ、バー、レストラン、アロマ、服、など多種多様のお店が。

 

 

 

 

 

中でも休日は外まで大行列が続いているというSalt&Strawというアイス屋さんに行ってきました。
IMG_3965
 

 

 

テイスティングをさせてくれてから自分のアイスを作ることができます。

 

 

人気商品はソルト&キャラメル。

程よい塩加減と甘みが最高に美味しいです。
IMG_20180222_130213
 

 

またここのコーンはワッフルコーンのようなものになっており、サクサクの記事にアイスがベストマッチしていました。

 

 

自分はレギュラーサイズを食べたのですが、ラージサイズはさすがアメリカといわんばかりのとても大きいものでした(笑)

 

Sajeというアロマにはお店独自のブレンドをしたアロマがあり、額や首筋にアロマをつけ、リラックス効果を得るものから、加湿器のリキッドとしてアロマを利用したものなど、
沢山のアロマが揃っていました。

IMG_3961

IMG_3962

女性の方にはおすすめのお店です。

 

ここで一度解散、14時に待ち合わせをし、お見送りをしてツアー終了となりました!

 

とても一日では回れないくらい多くのお店が集うこのストリート。

知る人ぞ知るストリートとなっているので、LA観光を何度もしたことのある人は、いつもとはひと味違う観光を、
ぜひアボットキニーで。

映画ロケ地 in グリフィス天文台 BY美咲

初めまして!カリフォルニア大学アーバイン校で観光について
勉強している美咲です。
3月までエレファントツアーにてインターンとして
お世話になります。
何回かブログを更新する予定ですので、よろしくお願いします!

先日グリフィス天文台からの夜景ツアーに参加してきました。

以前にもブログで紹介したことがあるので、
そちらのリンクを載せておきます。

グリフィス天文台夜景ツアーGRIFFITH OBSERVATORY BY かほ
http://www.elephant-production.com/WordPress/?m=201706

今回は、映画のロケ地をテーマにレポートしたいと思います!

お客様をピックアックしたダウンタウンからグリフィス天文台までは、
15分から20分ほど。
ロサンゼルス市街から高級住宅街を通り、グリフィスパークという公園に入ります。
グリフィス天文台は、このグリフィスパークの中に位置しています。
この公園の中にある天文台へ向かう途中のトンネルは、
バックトゥザフューチャーの主人公マーティが、ホバーボードに乗っているシーンで使われました。
バックトゥザフューチャー 公式サイト 英語(http://www.backtothefuture.com/)
* 写真を撮るのを忘れてしまいました…

このトンネルを通ってすぐに、グリフィス天文台へ到着します!
駐車場から歩いて天文台へ向かうこの景色、どこかで見たことはありませんか?
IMG_2485.HEIC

映画好きな方はこの景色見たことある!となるはず。
ターミネーターでは、アーノルド・シュワルツェネッガーが服を探しにいくところでこの景色が映っていました。
ターミネーター 紹介サイト 英語(http://www.imdb.com/title/tt0088247/)

イエスマンで主人公がジョギングを始めるシーンもここ!
イエスマン 公式サイト(https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=2638)

この建物を右方向へ進むと、ジェームス・ディーン主演映画「理由なき反抗」の記念彫像があります。
理由なき反抗 作品情報 (https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4048)
IMG_2528

夜だったので、ちょっと怖く撮れてしまいました。
この写真は携帯のライトで照らして撮影しましたが
実際は周りに明かりはなく少し見つけにくいかもしれません。
建物の右側まっすぐに進んで頂けば見つかると思います。

さらに右側へ進み階段を上がった場所は、トランスフォーマー達が
話し合いをしていたシーンで使われました。

ちなみに、ララランドでミアとセバスチャンが観ていたのも「理由なき反抗」です!
ミアは、この映画のように実際に天文台へ行ってみようと提案していました。
ただ、映画のように車で建物のすぐ近くへは近づけませんのでご注意を。
ララランド 公式サイト(http://gaga.ne.jp/lalaland/)

そのララランドで使われたロケ地は、天文台内部にあります。
建物正面の入り口から入ってすぐ、フーコーの振り子というコーナーです。
IMG_2495

フーコーの振り子とは、1851年にフランスの物理学者レオン・フーコーさんが
地球の自転を証明する際にも使われた実験装置です。
簡単に説明します。
南北に振れている振り子があるとします。
その振り子にさわったり動かしたりしないかぎり、振り子はずっと南北に
振れているはずですよね。
しかし実際は、地球がまわっているので振り子が振れる角度はかわっていきます。
下にある目盛りをずーーーっと見ていると、その角度がずれていくのがわかります。
IMG_2500

このおじさまがそのレオンさんです!
01808013837
(https://amanaimages.com/Feature/result.aspx?Page=Contents&KeyWord=%97L%96%BC%90l+%83%8C%83I%83%93%81E%83t%81%5B%83R%81%5B&Category=005_006_013&initkwHty=1&ftrid=006)

また天井には、綺麗な絵が描かれています。映画にもチラっと登場してます!
IMG_2499

2人が無重力になって踊った場所で使われたのは
この場所の奥にあるサミュエルオースティンプラネタリウムです。
IMG_2503

このプラネタリウムは有料ですが、興味のある方は是非!

職員さんによると、映画を撮影したのはこの場所ですが、
登場した小物はいくつかレプリカを使っていたので、実際にはないそうです。
それでも映画の雰囲気は楽しめるでしょう。

そして次に、建物の外に移ります。

建物を向かって左にまっすぐ進んだこの場所は、
ターミネーターでアーノルド・シュワルツェネッガーが未来からやってきた
シーンで使われました!
IMG_2492.HEIC

そして彼が見ていた景色がこちら!
IMG_2493.HEIC

彼のようにロサンゼルスを一望できます。
グリフィス天文台は、さまざまな映画に使われています。
是非、映画の主人公になった気持ちで楽しんでみてください!

ツアーの詳細や予約はこちら
http://elephanttour.com/ot/rec.php?are=lax&cat=c10&recid=883

別のララランド ロケ地にも行けるツアーはこちら
http://elephanttour.com/ot/dd.lax.c02.2.html

ロケ地について参考にしたサイトはこちら(英語)
http://www.seeing-stars.com/Locations/LaLaLand/23-Planetarium.shtml

ここまで読んでいただきありがとうございました!

美咲

ロサンゼルスの抹茶専門店に行ってみた! BYあやの

こんにちは。インターンのあやのです。

さて、皆さん抹茶はお好きですか?

私は大好きです。おいしい抹茶スイーツを食べに京都に遊びに行ってしまう程です。(名古屋出身ですが。)長期で海外に行く時は、必ずと言う程抹茶のお菓子を持って行きます。

海外にいるときでも、抹茶のお菓子やスイーツを食べると、安心するというか、日本を感じられるってことはないでしょうか?

そんな抹茶ですが、最近はアメリカ人にも美容や健康に良いと話題で大変人気なんです!

最近はロサンゼルス市内に抹茶の専門店が増えてきているようなのですが、その中から私が訪れた2軒をご紹介します!

まず1軒目はダウンタウンのリトルトーキョーにあるMidori Matcha Caféです!

その前にリトルトーキョーとはなんぞや?というお話からしていきましょう。

unnamed-6

リトルトーキョーは、ロサンゼルスのダウンタウンにある、アメリカで最大の日本人街です。いつも観光客、ロサンゼルスに住む日本人や日系人の方、また日本の文化に興味のあるアメリカ人で賑わっています。リトルトーキョーの中には日本食のレストランやスーパーマッケット、化粧品やお土産を取り扱うショップなどがあります。日系のミヤコホテルさんもあります。ロサンゼルス滞在中にどうしても日本が恋しくなったら行ってみてください!

Midori Matcha Cafeは、そのリトルトーキョーのウェラーコートというショッピングセンターの中ある抹茶カフェです。

こちらのお店の売りは、オーガニックで遺伝子組み換えでない茶葉を使っていること。

店内に入りまずに目に入るのが、抹茶ケーキやコールドプレスジュースが入ったショーケース!とっても美味しそうです。

unnamed-2

そして店員さんがいるレジの上に目を向けると、ドリンクメニューがあります。

私が今回注文したのは、抹茶ラテです。税込みで6ドルでした。

unnamed-1

アイスかホットか選べましたが、訪れた日はとっても暖かかったのでアイスをチョイス。ミルクも普通のミルクと豆乳が選べましたが、あえて豆乳にしてみました。

スターバックスでの注文と同じ要領で、注文時にお名前を聞かれます。お金を払った後カウンターで待っていると名前を呼んでくれます。

店内はこのような感じです。

unnamed

緑の壁と木目調のカウンターが印象的ですね。モダンでありながら、どこかやさしさや懐かしさを感じさせてくれます。店内奥にはテーブル席、窓側にはカウンター席、そして店外にも3つ程テーブル席があります。そこまで大きいお店ではないので、店内が混んでいる場合は、テイクアウトして、ウェルコートの中のベンチでいただくのもいいですね!

次にご紹介するのは、サンタモニカ近くのベニス、アボットキニーにあるSHUHARI Matcha Caféです!

unnamed-5

アボットキニーはおしゃれなカフェやブティックが集まったオシャレなストリート。

unnamed-7

こちらのカフェは2016年にオープンした新しいお店です!

お店の入口にはのれんが!もうここから日本らしい!

unnamed-4

SHUHARI Matcha Caféで使われている茶葉は全て日本からと取り寄せたもの。なのでクオリティは保証されています!

こちらのカフェもカウンターにショーケースがあります。

unnamed-2

スイーツが美味しそうですね!パウンドケーキ、カップケーキ、マカロンなどがありました。(スイーツの上に置かれているフードが気になる...後ほどご紹介します)

また、アイスクリームやパフェもあるようです。とにかくおいしそう!

unnamed

私はこちらでも抹茶ラテを注文しました。Simple is the bestです。

SHUHARI Matcha Caféでは、ドリンクをどれくらい甘くするかリクエストできます。甘すぎる抹茶ラテもなあということで、私は「甘さ半分で」とリクエストしました。

出てきたのはこちら!

unnamed-3

甘さを半分にしたので甘すぎず、抹茶の味を存分に楽しめました。

ちなみに、一番人気は抹茶きな粉ラテだそうです。こちらも気になりますよね〜

フードメニューも充実しています!

なんと少し前に日本で流行ったおにぎらずが販売されています!取材時に販売されていたのは、ゆずマヨツナ、スパイーカリフォルニア、クランチーベジの3種類でした。日本の食材を使ったブリトーもありますよ。こちらもしょうがレモン豆腐、ゆず胡椒チキン、スパイシーカリフォルニアの3種類でした。

SHUHARI Matcha Caféも店舗が広い訳ではありません。店内奥にパティオと店頭に数個テーブルがあるだけなので、テイクアウトしてドリンク片手にアボットキニーでお買い物するのもオススメですよ!

いかがでしたでしょうか?ロサンゼルスの抹茶専門店に興味がわいてきましたか?

どちらのカフェも茶葉 にこだわっていて、どうせ「アメリカの抹茶スイーツなんて」とあなどることなかれ!クオリティは日本と変わりません!またメニューのバラエティーも豊富なので何度も通いたくなってしまいます。

以下にそれぞれ公式ホームページ、住所、営業時間を載せましたのでぜひご覧ください。

___________________________________________________________________________

Midori Matcha Café

http://midorimatchatea.com/

住所:123 Astronaut E S Onizuka St #101-C

営業時間:日〜11:00~22:00 金土11:00~0:00

SHUHARI Matcha Café

https://shuharicafe.com/caf

住所:1522 Abbot Kinney Blvd. Venice, CA 90291

営業時間:日〜木9:00~20:00 金土9:00~21:00

___________________________________________________________________________

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あやの

 

太陽の光が輝くカリフォルニア最南端の街、サンディエゴツアー! BYあやの

こんにちは!インターンのあやのです。

今回はロサンゼルスから南へ約200キロ、カリフォルニア発祥の地サンディエゴを訪れるツアーに参加したので、そのレポートをしたいと思います!

B69F47E3-8C81-47EA-99CA-3F70B595CA07

サンディエゴはカリフォルニア州南部に位置し、州内ではロサンゼルスに続く第二の都市です。1年を通して温暖な気候が続き、100キロ以上に及ぶ美しい海岸線が魅力的なリゾート地でありながら、スペインやメキシコの文化が融合するエキゾチックな街でもあります。

ツアーは朝9時頃ロサンゼルスのダウンタウンを出発!途中アナハイムがあるオレンジカウンティを通りながら、国道5号線を南下していきます。

1時間半程ドライブしていると、外の景色の雰囲気が変わってきました...そこはなんと海兵隊の基地!私たちは海兵隊の基地の中を走っていたのです!運がよければオスプレイを見ることができるそうですよ!

海兵隊ゾーンに入ってから15分くらい経ったところで、休憩タイムです!

休憩所もなんだかスペインらしさを感じますよね。オシャレです。

IMG_8797

トイレまでおしゃれで思わず写真を撮ってしまいました。

IMG_8795

もちろんこの休憩所も海兵隊の基地の中ですよ。

休憩を終え、またサンディエゴに南下を続けます!残り45分程でサンディエゴ到着です。

サンディエゴは5つのエリアに大きく別れています。その中の1つ、コロナドはサンディエゴのダウンタウンから海を横切るように延びている島です。コロナドに向かう際に通るのが、コロナド湾岸大橋です。

車から見えたのはこの大海原!

IMG_8799

この橋はブーメランのようなカーブを描いています。この写真はちょうどカーブの頂上辺りで撮った写真です。海の美しさと言い、圧巻です。右手にはダウンタウンが、左手には軍艦や漁船などを臨むことができますよ!

橋を渡りきるといよいよコロナドに到着です。

まず向かったのはコロナドビーチ

ゴツゴツとした岩場の先には美しい砂浜と太平洋が広がっています!

IMG_8801

ちょうどこの日もとても天気が良く暖かかったので、つい泳ぎたくなっていましました。

岩場に登って写真を撮るのがオススメです!

IMG_8804

 

 

コロナドに来たなら見逃せないのが、ホテル・デル・コロナドです!

IMG_8815

1888年に建てられて以来、アメリカ歴代大統領や世界中の有名人が泊まった由緒ある高級ホテルです。マリリンモンロー主演の映画「お熱いのがお好き」の撮影でも使われました!

IMG_8821

赤い屋根が印象的ですね。ホテルは木造です。部屋数は圧巻の757室!

今回のツアーではホテル内には入りませんでしたが、是非一度入ってみたいものです!(願わくば泊まりたいと思ったりもします笑)

これにてコロナド観光は終了!ふたたびコロナド湾岸大橋を渡って戻ります。

IMG_8828

次はオールドタウンに向かって行きます。

オールドタウンに行くのに、ますはダウンタウン内のガスランプクォーターというエリアを通って行きます。こちらはレストランやナイトクラブなどが集まっている再開発地域で、サンディエゴで一番賑やかなエリアであるとも言えます。街灯には数メートルおきにガスランプが立ち、古き良き町並みが残されていてとても雰囲気があります。

IMG_8831

このエリアを抜けてオールドタウンに入ったのがちょうど午後1時ごろ。ちょうどお腹が空いてきたなあ...ということでランチタイムです!

入ったのはFRED’Sというメキシカンレストラン。オールドタウン周辺にはメキシカンレストランが多いです。

IMG_8834

外観がカラフルでかわいいですね!

こちらのレストランは公式ページがありますので、良ければご覧ください!

https://www.fredsmexicancafe.com/

私が注文したのは、白身魚が入ったタコスとライス、黒豆が一皿にのった料理!

IMG_8841

タコスはメキシカンの定番料理ですよね。中でも白身魚のタコスは珍しいなと思いチョイスしました!

見た通りとってもボリューミー!お魚にもしっかり味付けされてあって、とても美味しかったです!

IMG_8843

一緒に参加されたお客様は、フライドチキンのタコスを注文されていました!

こちらも美味しそう!

ランチを終え、お腹も満たされたところで、次はオールドタウン州立歴史公園へと向かいます。この公園は1800年代、メキシコ時代のサンディエゴの街並みが復元された歴史公園です。

公園内はこのような雰囲気です。

IMG_8844

木造の白い建物が印象的ですよね。

お土産エリアにはメキシコ風のおみやげが並びます。

マグネット、小さな置物、バッグやアクセサリーなどが売られていました。

IMG_8848

看板の前でぱちり!スペイン語でありがとうを意味する”Gracias”の文字も!

EA7D8B67-9B9F-4E32-A47E-61BCC6DAAB71

オールドタウンの散策が終わったら、再び最終目的地であるダウンタウンへ向かいます。これはかの有名な空母、ミッドウェー

IMG_8859

わたくし生まれて初めてリアル空母を目にして本当に感動しました。

長年にわたる任務を終え、現在は博物館として生まれ変わりました。フライトデッキには戦闘機も展示されています。戦闘機好きな方はたまりませんね!

今回のツアーでは、博物館内には入らず、ツナハーバーパークという小さな公園からこのミッドウェーを見ました。その大きさに圧倒されます!20年程前までは実際に使われていた空母ですから、リアリティがありますよね。

ツナハーバーパークには、こんな巨大なモニュメントもあります!ちょうどモニュメントの下にいる方を見ると、いかに大きいかがわかりますよね!

B1BD8233-EAE7-41A6-B9DA-55C6FFE3FD2A

アメリカの戦争の歴史を体感した後は、ほんの少しだけはなれた場所にあるシーポートビレッジに行きました。ここが今回のツアーの最終スポットです。

サンディエゴ湾が一望できる最高のロケーションにあります。

IMG_8869

シーポートビレッジは、レストランやギフトショップなどが集まるショッピングビレッジです。ここで1時間弱の自由時間です!買い物してもよし、レストランやカフェでまったりしてもよし、海を見ながらぼーとしてもよしな時間です。私はMAGNUTSというお土産用マグネットのお店でお土産を買って、海を眺めていました。

このような路上パフォーマンスもおこなわれていました。子供たち大喜び!

IMG_8871

いかがだったでしょうか?サンディエゴに行ってみたくなりましたか?

こんな魅力がいっぱいのサンディエゴに日帰りで行けるツアーがあります!

ダウンタウンを朝9時ごろ出発し、夜8時ごろ戻ってくる11時間のツアーです。ランチも代金に含まれていますよ!

日本語ガイドさんとともにサンディエゴの街を効率よくまわることができ、さらにガイドブックなどには載っていない情報をたくさん教えてもらえますから、大変オススメです!.

↓私が参加したツアーはこちらです↓

http://www.elephanttour.com/ot/dd.lax.c03.6.html

最後までお読みいただきありがとうございました。

あやの

 

 

 

 

 

 

 

ロサンゼルスは映画だけじゃなかった!?ビバリーヒルズのスター豪邸とハリウッドツアー! BYとおる

こんにちは!研修生のとおるです!

今回はビバリーヒルズのスター豪邸とハリウッドを巡るツアーに参加してきました!ツアーの内容は前回のブログでもご紹介しておりますので合わせてご覧ください。
↓前回のブログはこちらから↓
「ビバリーヒルズのスター豪邸とハリウッドツアー ハリウッドの歴史『いかにしてハリウッドは映画の街になったのか』BYけん」

ビバリーヒルズのスター豪邸とハリウッドツアー ハリウッドの歴史『いかにしてハリウッドは映画の街になったのか』byけん

さて、みなさんはここロサンゼルスの代表的な産業はご存知でしょうか。150年前までは人口が1610人しかいなかったロサンゼルスも今や300万人を軽く超え、全米でニューヨークに次ぐ大都市となっています。

そんなロサンゼルスといえばやはり本場ハリウッドの映画や観光産業、最先端のファッションというイメージが強いですが、それだけではないのです。ロサンゼルスが発展したのは映画よりも石油化学工業が先なのです。そしてその石油産業の第一人者ともいえるのがこちらのエドワード・L・ドヒニー。

IMG_5819

彼が1892年、ロサンゼルスで油田を発見した事からロサンゼルスの一大産業となっていきました。1920年代には全世界産出量の4分の1を占めるまでになり、テキサスで新たな油田が発見されるまで、南カリフォルニアはアメリカの石油消費の大部分を支え続けました。それほどのビジネスを行っていたドヒニーさんは大変お金がありました(笑)
そしてその大金持ちのドヒニーが1928年、ビバリーヒルズに最初の豪邸として建てた家がこちらのドヒニー邸!IMG_5729

総工費は4億、現在の価値にすると55億円。当時のカリフォルニアでは最も高価だったそうです。息子のために建てたこちらのお家、なんと部屋の数が55もあり、駐車場だけでもこの広さ。IMG_5732

個人のものと思うと腰が抜けてしまいますね。
こちらの建物は英国チューダー調様式を取り入れているそうで、アメリカなのにまるでヨーロッパにいるかのような気持ちにさせてくれます。IMG_5742
ドヒニーが亡くなったあと1955年にビバリーヒルズシティに遺贈され、現在は公共の公園として見学することができます。IMG_5740
ちなみにこちらの建物、一軒家くらいの大きさがありますが当時は馬小屋として使われていたそうです。現在馬はいませんが、トイレとして利用することができます。
建物の奥の方へ進んでいくと、ロサンゼルスを眺望できます!この日はダウンタウンも綺麗に見ることが出来ました!夜になるとダウンタウンの夜景も綺麗な事間違いないですね。IMG_5745

また、池には鯉も泳いでおり、見れば見るほど、本当に個人の家なのだろうかと思ってしまいます。IMG_5751
そしてこのドヒニー邸、映画のロケ地としても使われており、「ゴーストバスターズ」「ボディーガード」「永遠に美しく」「ラッシュアワー」「X-Men」「スパイダーマン」などの作品がこちらで撮影されています。映画を見てから訪れるとより一層楽しめますね!IMG_5735
そんな石油産業の華やかさを感じられるドヒニー邸。ぜひ訪れて石油王の気分を味わってみてください!

余談ですが、ロサンゼルスの石油産業は今現在もまだまだ続いています!ロサンゼルスから北上していくと油田地帯があり、掘削作業を見ることもできます。IMG_4925

こちらはセコイア国立公園に向かう途中にありました。
ここまで長々と石油とドヒニー邸についてご紹介してきましたが、ツアーはもちろんこれだけではありません!マイケルジャクソンやミッキーマウスの生みの親、ウォルト・ディズニーが死ぬまで住んでいた豪邸を見ることができるほか、ビバリーヒルズといえばロデオドライブは欠かせませんよね!IMG_5773

こちらで写真撮影をしたり、ハリウッドではチャイニーズシアターで手形を見たり、アカデミー賞のレッドカーペッドで有名なドルビーシアターを巡る盛りだくさんの四時間コースとなっています。ツアーに参加してセレブを感じましょう!

↓ツアーの参加はこちら↓
http://www.elephanttour.com/ot/dd.lax.c02.3.html

最後までお読みいただきありがとうございます。

とおる